鎌倉手帳(寺社散策)

ぼんぼりぼんぼり祭 観音四万六千日
黒地蔵縁日黒地蔵縁日 江の島灯籠江の島灯籠
渋沢栄一2021年大河「晴天を衝け」
北条義時2022年大河「鎌倉殿の13人」



東慶寺仏殿
(本堂:泰平殿)


編集:yoritomo-japan.com







東慶寺仏殿

 東慶寺の仏殿は、「泰平殿」と呼ばれ、本尊は釈迦如来坐像(南北朝時代)。

 本尊の左には二十世天秀尼像、右には開山覚山尼像と五世用堂尼像が安置されている。


釈迦如来坐像
本尊:釈迦如来坐像

覚山尼
リンクボタン覚山尼
(開山)
用堂尼
リンクボタン用堂尼
(五世)
天秀尼
リンクボタン天秀尼
(二十世)


リンクボタン天秀尼の念持仏〜阿弥陀如来立像〜



〜泰平殿〜

 泰平殿は、鎌倉尼五山第一位で廃寺となった太平寺木造聖観音立像土紋装飾が施された仏像)を安置するために建立された観音堂だったのだという。

 観音堂は、明治期まで山門横にあったが、1907年(明治40年)に旧仏殿が横浜の三溪園に移築されると、現在のハナショウブ畑の奥に移築されて仏殿(本堂)とされた。

 その仏殿は、1923年(大正12年)の関東大震災で倒壊。

 現在の仏殿(本堂)は、1935年(昭和10年)に建てられたもの。 






旧東慶寺仏殿
リンクボタン旧東慶寺仏殿
(三溪園)

 旧東慶寺仏殿は、1634年(寛永11年)に千姫が寄進した建物(国重文)。

 1907年(明治40年)に横浜の三溪園に移された。

 千姫は、徳川二代将軍秀忠の長女で、東慶寺第二十世天秀尼の養母。

 「新編相模国風土記稿」によると、旧仏殿は徳川忠長の旧館を移したものだったという。

三溪園には、建長寺の境内にあった心平寺の地蔵堂も移築されている。



植村宗光師慰霊塔
植村宗光師慰霊塔

 宗光(植村定造)は、学生時代より円覚寺釈宗演に参禅。

 日露戦争に出兵し満州義軍の副総統として活躍したが捕虜となり、1905年(明治38年)、ロシア軍営中で断食坐禅をして自決した。



四賀光子の歌碑
東慶寺開山覚山尼讃歌

 泰平殿前に建てられた四賀光子の歌碑。

 「流らふる大悲の海によばふこゑ時をへだててなほたしかなり」と刻まれている。

 覚山尼北条時宗の妻で、時宗亡き後、東慶寺を開いた。






イワガラミ
リンクボタン岩がらみ
イワタバコ
リンクボタンイワタバコ

東慶寺のリンドウ
リンクボタンリンドウ
東慶寺仏殿
リンクボタン雪の東慶寺

 泰平殿裏には、1本の木が岩に絡みつく「岩がらみ」(ユキノシタ科)が植えられている。

 6月初旬頃が見頃で、2週間ほどの特別公開が行われている。

 同じ頃咲くのが「イワタバコ」

 秋には泰平殿前で鎌倉市の花「リンドウ」が咲く。







東慶寺
リンクボタン東慶寺

 東慶寺は、北条時宗の妻覚山尼が開いた。
 かつては、鎌倉尼五山第二位の格式を誇り、夫の横暴に悩む女性の救済場所だった。

鎌倉市山ノ内1367



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時