鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉の紅葉 鎌倉殿の13人
北条義時 長谷寺紅葉ライトアップ



天秀尼の墓
〜鎌倉:東慶寺〜

編集:yoritomo-japan.com







天秀尼の墓


 東慶寺の二十世天秀尼は大坂夏の陣で滅んだ豊臣秀頼の子。

 徳川二代将軍秀忠の娘千姫の養女(奈阿姫)。

 大坂落城後、千姫の助命嘆願により命を救われた奈阿姫は、出家して東慶寺に入った。


東慶寺の運版

 天秀尼が父秀頼の菩提を弔うために1642年(寛永19年)に鋳造したという雲版(うんばん)。






天秀尼
天秀尼像
仏殿安置)

 東慶寺に預けられる際、徳川家康に望みを聞かれた天秀尼は「開山よりの縁切寺法が断たれることのないように」と願い出たという。

 その後、東慶寺の「縁切寺法」は、1872年(明治5年)まで存続した。

 1645年(正保2年)死去(37歳)。

 天秀尼の死によって豊臣秀吉の直系は断絶。


リンクボタン女性を救った駆け込み寺
(大名を罰した天秀尼)

リンクボタン天秀尼の念持仏〜阿弥陀如来立像〜


知恩院千姫の墓
リンクボタン千姫の墓
(京都:知恩院)

 天秀尼の養母千姫は大坂落城後、桑名藩の本多忠刻と結婚するが、忠刻が亡くなった後、江戸城に入って出家(天寿院)。

 1643年(寛永20年)には、養女天秀尼のいる東慶寺の伽藍を再建した。

 1666年(寛文6年)、江戸で死去(享年70歳)。

 墓所は伝通院と茨城県常総市の天樹院弘経寺。

 徳川家が帰依していた京都の知恩院にも分骨されている。


駆け込み女と駆け出し男・・・北鎌倉東慶寺(okadoのブログ)



台月院の墓
台月院の墓

 天秀尼の墓の横にある「台月院殿明玉宗鑑大姉」と刻まれた宝篋印塔。

 誰の墓か不明だが、「天秀和尚御局」とも刻まれていることから、天秀尼に関係した女性の墓と考えられている。







東慶寺
リンクボタン東慶寺


 東慶寺は、北条時宗の妻覚山尼が開いた。
 かつては、鎌倉尼五山第二位の格式を誇り、夫の横暴に悩む女性の救済場所だった。

鎌倉市山ノ内1367



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


2021年大河
青天を衝け
60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編