鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編



茶 筅 供 養
〜鎌倉:建長寺〜

編集:yoritomo-japan.com







建長寺茶筅供養


 建長寺方丈で行われる茶筅供養。

 茶道会の各流派の人々が、使い古した茶筅を焚きあげて供養します。

 茶道と禅道とは深い繋がりがあり「茶禅一致」という言葉もあるようです。


5月28日:10:30〜


茶道と禅道(茶禅一致)〜建長寺の茶筅供養〜


建長寺茶筅供養 建長寺茶筅供養







栄西
リンクボタン木造栄西禅師坐像

 我が国臨済宗の開祖・栄西は、宋から茶の種を持ち帰り、それを筑前の霊仙寺に蒔いて茶を栽培しました。

 これが「岩上茶」の起こりとなりました。
 のちに京都の建仁寺でも栽培していたといいます。

 栄西から茶の種を譲り受けた明恵は、栂尾高山寺で茶を育て、宇治に移植しました。

 これが「宇治茶」のはじまりとなりました。宇治萬福寺の門前には明恵の碑が建てられています。

 また、京都東福寺の開山となった円爾は、宋から持ち帰った種を駿河に普及させています。

 円爾は栄西の高弟退耕行勇を師としていました。


建仁寺茶碑
リンクボタン茶碑
(建仁寺)
建仁寺桑の碑
リンクボタン桑の碑
(建仁寺)

京都:高山寺
リンクボタン高山寺
(日本最古の茶園)
駒蹄影園址
リンクボタン駒蹄影園址
(萬福寺)



 建長寺方丈正門「唐門」の横にある茶筅塚と茶碗塚。

茶筅塚
茶筅塚
茶碗塚
茶碗塚

 わが国に茶の習慣が広まるきっかけとなったのは、栄西が著した『喫茶養生記』

 三代将軍源実朝に献上されたという書物です。


喫茶養生記
リンクボタン喫茶養生記


栄西の喫茶養生記(okadoのブログ)

禅僧と茶・・・栄西・明恵・円爾(okadoのブログ)






建長寺
リンクボタン建長寺

鎌倉市山ノ内8

JR北鎌倉駅より徒歩15分



鎌倉の行事・祭


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編


7年に一度の御開帳
信濃善光寺
60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭


鎌倉の桜情報 鎌倉アジサイめぐり
鎌倉の紅葉 鎌倉の梅