奈良・京都

京都:黄檗山萬福寺

編集:yoritomo-japan.com







京都:萬福寺


 萬福寺は禅宗の一つ黄檗宗(おうばくしゅう)の大本山。

 1661年(寛文元年)、中国明の僧・隠元隆g(いんげんりゅうき)によって開かれた。

 本尊は釈迦如来。

 萬福寺は、臨済宗や曹洞宗の寺院が日本風に姿を変えたのに対し、中国風(明朝様式)の姿を創建当初のまま伝えている。
 
 1876年(明治9年)、臨済宗黄檗派と称していた宗派を黄檗宗に改宗。





京都:萬福寺隠元隆g像
リンクボタン隠元隆g
(萬福寺開山)
京都:萬福寺開版
リンクボタン開梛
(木魚の原形)



 萬福寺の伽藍は、総門を入ると右に放生池があり、そこから三門天王殿大雄宝殿法堂が一直線に並び、その左右には諸堂が整然と配置され、全て回廊で結ばれている。

京都:萬福寺総門
リンクボタン総門
(中国様式の牌楼:重文)
京都:萬福寺三門
リンクボタン三門
(重文)

京都:萬福寺天王殿
リンクボタン天王殿
(重文:都七福神)
京都:萬福寺大雄宝殿
リンクボタン大雄宝殿
(本堂:重文)

京都:萬福寺法堂
リンクボタン法堂
(重文)
京都:萬福寺開山堂
リンクボタン開山堂
(重文)

京都:萬福寺廻廊
リンクボタン諸堂を結ぶ回廊







京都:萬福寺布袋尊
リンクボタン都七福神

 天王殿の布袋尊は日本最古都七福神の一つ。

 他の神は、ゑびす神(ゑびす神社)、大黒天(松ヶ崎大黒天)、毘沙門天(東寺)、弁財天(六波羅蜜寺)、福禄寿神(赤山禅院)、寿老神(革堂



〜宇治茶発祥の地〜

 栂尾高山寺の明恵は、栂尾で育てた茶の木を栽培に適した宇治の地へ移植させた。
 それが宇治茶の始まり。


京都:高山寺
リンクボタン高山寺
(日本最古の茶園)


 萬福寺の総門前には明恵が茶の木を移植した駒蹄影園(こまのあしかげえん)の跡碑が建てられ、三門前には江戸時代の俳人・一字庵田上菊舎の茶摘みを詠んだ句碑が建てられている。


駒蹄影園址碑
リンクボタン駒蹄影園址碑
(萬福寺総門前)
京都:萬福寺菊舎句碑
リンクボタン菊舎句碑
(萬福寺三門前)



京都:萬福寺
萬福寺

京都府宇治市五ヶ庄三番割34

JR奈良線「黄檗」下車 徒歩5分
京阪宇治線「黄檗」駅下車 徒歩5分






奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり