奈良・京都

京都:萬福寺の開梛
~木魚の原形~


編集:yoritomo-japan.com







京都:萬福寺開版


 萬福寺の斎堂(食堂)前の回廊に吊されている開梛(かいぱん・魚梆(ぎょほう)とも)は、時を報ずるための魚板。

 木魚の原形となったもので、現在も使用されている。


京都:萬福寺開版





京都:萬福寺隠元隆琦像
リンクボタン隠元隆琦

 萬福寺開山の隠元隆琦は、日本における「煎茶道の祖」ともいわれ、普茶料理、隠元豆、西瓜、蓮根、孟宗竹(タケノコ)・木魚なども隠元が日本にもらたしたもの。







京都:萬福寺
リンクボタン萬福寺

 萬福寺は黄檗宗(おうばくしゅう)の大本山。
 1661年(寛文元年)の開創。
 伽藍配置は中国明朝様式を取り入れたもので、創建当初の姿を今に伝えている。


京都府宇治市五ヶ庄三番割34

JR奈良線「黄檗」下車 徒歩5分
京阪宇治線「黄檗」駅下車 徒歩5分






奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり