奈良・京都

京都:赤山禅院
〜皇城鬼門の守護神〜

編集:yoritomo-japan.com







赤山禅院


 赤山禅院(せきざんぜんいん)は、888年(仁和4年)に開かれた天台宗の寺院。

 慈覚大師円仁の遺言により、安慧が中国・唐の赤山にあった赤山大明神(泰山府君(たいざんふくん))を勧請したのが始まりと伝えられている。

 比叡山延暦寺塔頭の一つ。

 本尊の赤山大明神(泰山府君)が陰陽道の祖神(おやがみ)とされることから、平安京(御所)の表鬼門(東北)を守護する寺院として信仰を集めた。

 「赤山さん」の名で親しまれている。

 都七福神めぐりの一つ(福禄寿)。


リンクボタン平安京の鬼門と守護・鎮護の神仏





〜円仁と赤山大明神〜

 慈覚大師円仁は天台宗第三祖。

 838年(承和5年)、遣唐使船に乗って唐に渡り天台密教を納めた。

 帰国後、その行程を守護した赤山大明神(泰山府君)を祀る赤山禅院の建立を望んだが、果たすことができなかったのだという。

 泰山府君(たいざんふくん)は南極星の精。

 都七福神の一つ「福禄寿神」は、泰山府君の別の姿。


都七福神
リンクボタン都七福神めぐり



赤山禅院:後水尾天皇勅額
後水尾天皇の勅額
赤山禅院:山門
山門

赤山禅院:拝殿
拝殿
赤山禅院:鬼門除けの猿
リンクボタン鬼門除けの猿

赤山禅院:本殿
本殿
赤山禅院:地蔵堂
地蔵堂

赤山禅院:出世弁財天
出世弁財天
赤山禅院:本殿
十六羅漢
と三十三観音

赤山禅院:福禄寿殿
リンクボタン福禄寿殿
(都七福神)
赤山禅院:金神宮
金神宮

赤山禅院:相生社
リンクボタン相生社
(縁結びの神)
赤山禅院:駒滝不動尊
駒滝不動尊







赤山禅院:閼伽井
閼伽井
赤山禅院:再起延命地蔵
再起延命地蔵

赤山禅院:不動堂
リンクボタン雲母不動堂
赤山禅院:念珠
リンクボタン正念珠と還念珠





赤山禅院:鳥居
赤山禅院

京都市左京区修学院開根坊町18

叡山電車 修学院駅下車徒歩20分
市バス5、31、65系統「修学院離宮道」下車
北8系統「修学院道」下車徒歩15分






奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり