鎌倉手帳(寺社散策)

紅葉鎌倉は紅葉・黄葉シーズン!  紅葉長谷寺ライトアップ開催中!  紅葉明月院本堂後庭園公開中!  紅葉長壽寺の秋の特別拝観  渋沢栄一2021年の大河ドラマは「青天を衝け」

円応寺の閻魔大王像
〜仏師運慶と閻魔大王〜

編集:yoritomo-japan.com







圓應寺閻魔大王
木造閻魔大王像
(国重文)


 鎌倉時代、寄木造。

 像高187.5p

 頭部は鎌倉時代のものであるが、その他は江戸時代のものと考えられている。

 頭部がやや大振りで誇張された忿怒は力強いもの。

 円応寺で赤ちゃんの名をつけてもらうと丈夫に育つということから「子育て閻魔」とも呼ばれている。





〜笑い閻魔の伝説〜

 重病となり仮死状態となった仏師運慶は、三途の川を渡り、初七日の秦広王の裁判、14日目の初江王の裁判、21日目の宋帝王の裁判、28日目の五官王の裁判を経て35日目の閻魔大王の裁判を迎えた。

 閻魔大王の裁判では、生前の行いによって天上・人間・修羅・畜生・餓鬼・地獄の六道のうち、どこに生まれ変われるかが決定される。

 閻魔大王は運慶にこう言った。

 「お前が娑婆でやさしい面相の仏像ばかり作るから、亡者が地獄にやってきても腰抜けばかりでろくな奴がおらん。

 もっと娑婆で悪人ばらを改心させてわしに手数をかけないようにしてもらいたい。

 お前をもう一度娑婆に帰してやるから、わしの姿に生き写しの閻魔王像を刻んで人間たちによく見せろ。

 そうすれば、悪人が改心して人間社会が良くなるはずじゃ。

 わかったらさっさと帰れ」

 こうして娑婆に帰った運慶が彫ったのが、円応寺の閻魔大王像だと伝えられている。

 生き返ることができて嬉しかった運慶は、閻魔大王像を笑いながら彫ったので、像もどことなく笑っているように見えることから、「笑い閻魔」と呼ばれている。


運慶〜鎌倉の武家政権と奈良仏師〜(okadoのブログ)

笑い閻魔と運慶〜鎌倉:円応寺〜(okadoのブログ)



〜子どもを呑み込んだ閻魔大王〜

 円応寺の閻魔大王が由比ヶ浜にいた頃の伝説。

 ある日、病気の子どもを連れた父親が、閻魔大王に願いを叶えてもらうため、「聞こし召し下さい(「お聞き入れ下さい」の意。)」と手を合わせ、「あとで迎えにくる」といって子どもを置いて帰ってしまった。

 一方の閻魔大王は「お召し上がりください」といって子どもを置いていったと勘違いし、子どもを呑み込んでしまったそうだ(参考:新居閻魔堂址)。



〜懺悔文〜

 日々の生活の中で知らず知らずのうちに犯してしまう罪。

 たとえば、他人に迷惑をかけた、ケンカをしてしまった、傷つくような言葉を発した など。

 犯してしまった罪は、閻魔大王の前で「懺悔文」(ざんげもん)を三度唱えると許してもらえるのだという。

我昔所造諸悪業
(がしゃくしょぞうしょあくごう)
皆由無始貪瞋痴
(かいゆうむしとんじんち)
従身口意之所生
(じゅうしんくいししょしょう)
一切我今皆懺悔
(いっさいがこんかいさんげ)







圓應寺
リンクボタン円応寺

 円応寺は、死後に出会う十王を祀る寺。
 特に「初江王坐像」は、京都や奈良には見られない宋風を加味した鎌倉独自の地方様式を伝える。


鎌倉市山ノ内1543

北鎌倉駅から徒歩15分


圓應寺の十王像



〜北鎌倉の寺社・史跡巡り〜
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時