奈良・京都

北条義時2022年の大河は「鎌倉殿の13人」  合戦承久の乱  後鳥羽天皇後鳥羽上皇  武士北条義時

京都建仁寺の茶碑

編集:yoritomo-japan.com







建仁寺茶碑


 建仁寺の開山栄西は、宋から茶の種を持ち帰り、それを筑前の霊仙寺に播いて茶を栽培した。
 これが「岩上茶」の起こりとなったと伝えられている。

 栄西から茶の種を譲り受けた高山寺の明恵は、宇治で茶の栽培を行った。
 これが「宇治茶」のはじまりとなった。

 また、京都東福寺の開山となった円爾は、宋から持ち帰った種を駿河に普及させ、静岡茶の起こりとなった。

 円爾は栄西の高弟退耕行勇を師としていた。

 茶碑の後方にあるのは、栄西の茶の招来800年を記念して1991年(平成3年)に植樹された覆い下栽培の茶園。


建仁寺茶園
茶園



〜喫茶養生記〜

 栄西の著した『喫茶養生記』は、我が国最古の茶書。

 上巻・下巻からなり、上巻には茶の効用が、下巻には桑の効用が書かれている。

 この中で「茶は養生の仙薬、延齢の妙術」と説かれている。


喫茶養生記
リンクボタン喫茶養生記
建仁寺桑の碑
リンクボタン桑の碑
桑は諸病に効く妙薬


栄西
リンクボタン栄西禅師坐像
(鎌倉:壽福寺蔵)






高山寺
リンクボタン高山寺
萬福寺
リンクボタン萬福寺

 栂尾の高山寺山内には日本最古の茶園がある。

 宇治の萬福寺の辺りは、明恵が高山寺の茶を移植した場所。

 萬福寺の総門前には駒蹄影園址碑(宇治に茶の木を移植したことを刻んだ碑)が建てられている。



栄西の喫茶養生記(okadoのブログ)

茶と鎌倉(okadoのブログ)

茶道と禅道(茶禅一致)〜建長寺の茶筅供養〜(okadoのブログ)

禅僧と茶・・・栄西・明恵・円爾(okadoのブログ)

栄西と茶・・・京都:建仁寺「茶碑」(okadoのブログ)

栄西と喫茶養生記・・・京都:建仁寺「桑の碑」(okadoのブログ)






歴史めぐり源頼朝



建仁寺
リンクボタン建仁寺

 建仁寺は、1202年(建仁2年)、鎌倉幕府二代将軍の源頼家が創建。
 開山には、我が国臨済宗開祖の栄西
 京都五山第三位の格式を誇った寺。


京都市東山区小松町584

JR京都駅から市内循環バス
「東山安井」下車徒歩5分



東山エリアの寺社・史跡
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり