鎌倉手帳(寺社散策)

和 田 合 戦
和田義盛の滅亡

編集:yoritomo-japan.com







 和田合戦は、1213年(建暦3年)5月に鎌倉幕府の有力御家人で侍所の別当だった和田義盛が起こした反乱。

 発端は2月に起こった泉親衡の謀反。

 この事件で義盛の甥胤長が処罰されたことで、義盛と北条義時との関係が悪化。

 義盛は同族の三浦義村や横山氏を味方につけて北条氏打倒を企てるが、三浦義村に裏切られるなど兵力不足の義盛は、源実朝を擁して兵を集めた北条義時に敗れて滅亡した。


和田城址碑
リンクボタン和田城址碑

 和田義盛は、三浦義明の孫。

 三浦半島の和田の地を治めていたことから和田を名乗った。





〜泉親衡の乱〜

 1213年(建暦3年)2月、信濃の泉親衡が二代将軍源頼家の遺児千寿丸を擁立し、北条義時を討とうとする企てが露見した。

 加担した者の中には、和田義盛の子の義直、義重、甥の胤長などもおり、2月16日には一網打尽にされている(計画の首謀者は130人、その一味は200人に及んだ。)。

 その約半月後、親衡は筋違橋に隠れていたところを襲われたが、どこかへ逃亡したという。

 領国の上総国にいた和田義盛は、3月8日鎌倉に戻り、将軍源実朝北条義時に嘆願をした結果、これまでの忠勤から子の義直、義重は宥された。

 翌日、義盛は、一族98人を引き連れて御所を訪れ、甥胤長の宥免を嘆願したが認められず、縛られたままの胤長は二階堂行村に引き渡され、義盛は大いに面目を潰された形となった。

 これが、義盛に対する義時の挑発のはじまりだった。

 胤長は、陸奥に流され屋敷は没収された。


鎌倉十橋:歌ノ橋
リンクボタン伝説!歌ノ橋

 泉親衡の謀反で捕えられた渋川兼守は、荏柄天神社に和歌を奉納して源実朝に許されたのだという。

 鎌倉十橋歌ノ橋は、兼守がお礼に架けたのだと伝えられている。



〜胤長の屋敷〜

 和田胤長の屋敷は、御所の東、荏柄天神社の前にあったとされている。

 3月25日、和田義盛が将軍実朝に願い出た結果、「罪人の屋敷はその親族に下げ渡される」という慣例に基づき、義盛に与えられた。

 義盛は代官の久野谷弥太郎を住まわせている。

 しかし、4月2日、北条義時は、久野谷弥太郎を追い出し、金窪兵衛尉行親と忠家に与えてしまったのである。



〜和田合戦〜

 あいつぐ挑発に怒りを抑えきれなくなった和田義盛は、とうとう合戦の決意をする。

 北条義時に不満を持つ御家人は多く、義盛の一族三浦義村は起請文まで書いて味方することを約束した。

 武蔵国の横山党も義盛への味方を約束している。

 1213年(建暦3年)5月2日、義盛は北条義時打倒の兵を挙げた。

 ところが、三浦義村は義盛を裏切り、義盛の挙兵を義時に伝えた。

 横山党の到着も遅れている中、義盛は自軍を三手に分け、それぞれ義時邸、大倉御所大江広元邸を襲撃させた。

 将軍御所を攻められた源実朝法華堂に避難している。

 この時の和田軍は、総勢150騎あまりだったという。

 義盛の三男朝比奈義秀の活躍もあって、和田勢は大いに奮戦したが、次第に北条軍に押され由比ヶ浜に退くこととなる。

 翌早朝、頼みの横山党3000騎が合流したことによって一時盛り返すものの、次々に新手を繰り出す北条軍の前に疲弊し、義盛の子義直が討ち取られた。

 再び由比ヶ浜に退いた義盛は、江戸義範の軍に討たれて最期を遂げている。


 横山党は武蔵国の横山庄を中心として割拠した武士団。
 和田義盛の妻は、総帥の時兼の伯母にあたる。


和田塚
リンクボタン和田塚

 由比ヶ浜にある和田塚は、1213年(建暦3年)に起こった和田合戦の戦死者を葬った所と伝えられている。







〜朝比奈三郎義秀〜

 和田合戦で最もその名を轟かせたのは、和田義盛の三男朝比奈三郎義秀。

 御所では次々に幕府兵士を斬り倒し、足利義氏との戦いでは、逃げる義氏の鎧を引きちぎったともいわれている。

 若宮大路琵琶橋付近では、宍戸家政と戦って討ち取っている。

 『吾妻鏡』では、合戦後、義秀は安房国へ逃れたとされているが、その後の行方は不明。

 朝鮮へ逃れたという説もある。

 参考:朝夷奈切通 ユガ洞 伝説!朝比奈三郎義秀


琵琶橋
リンクボタン琵琶橋



〜三浦の犬は友をも食らう〜

 三浦義村は、一族の和田義盛を裏切ったことにより、のちに千葉胤綱から「三浦の犬は友をも食らう」と言われた。

 『古今著聞集』によれば、将軍御所で胤綱が義村の上座に座ったところ、「下総の犬めは寝場所を知らぬな」と言われたことに対して胤綱がこう切り返したのだと伝えられている。


〜有力御家人も滅んだ。〜

 畠山重忠の乱で、重忠を射倒してその首をあげた弓の名手で横山党出身の愛甲三郎季隆源頼朝の御所造営等で活躍した大庭景義の子景兼は、和田義盛に味方し一族ともに滅んだ。



 北条義時は、和田義盛を滅ぼしたことにより、政所の別当とともに侍所の別当をも兼ねることとなる。

 これにより北条執権体制が確立された。

 泉親衡に利用された二代将軍頼家の遺児千手丸は、北条政子のとりなしによって出家するが、1214年(建保2年)、和田の残党に再び擁立され、六波羅を襲撃しようと企てたが、計画が露見し、幕府の襲撃を受けて自刃したといわれている。

 和田合戦の引き金となったともいえる和田胤長は、和田合戦後の5月9日に処刑された。


2022年のNHK大河ドラマは・・・
北条義時!

鎌倉殿の13人〜十三人の合議制〜

二代執権北条義時


okadoのブログ
源氏の繁栄・衰退・再興・滅亡

和田合戦〜北条義時の徴発と三浦義村の裏切り〜






鎌倉:合戦・謀反・暗殺の歴史



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時