鎌倉手帳(寺社散策)

ヒガンバナヒガンバナ   紅葉鎌倉の紅葉
渋沢栄一2021年大河「晴天を衝け」
北条義時2022年大河「鎌倉殿の13人」



和 田 塚
〜和田一族戦没地〜

編集:yoritomo-japan.com







和田塚


 「和田塚」は、1213年(建暦3年)に起こった和田合戦の戦死者を葬った所と伝えられている。

 かつて、この辺りには古墳があって「向原古墳群」と呼ばれ、その中に采女塚と無常堂塚があった。

 塚には多くの五輪塔が転がっていたといわれている。

 1889年(明治22年)の道路改修工事によって采女塚が壊され、続いて、1892年(明治25年)には無常堂塚の一部が削られた。

 無常堂塚からは多くの人骨が発見され、中には刀を握ったままの骨も発見されたという。

 このような経緯から、その人骨が和田合戦の戦死者のものだという話となり、無常堂塚を「和田塚」と呼ぶようになったといわれている。

 1909年(明治42年)、塚の上に「和田一族戦没地」と記された碑が建てられた。






和田塚
和田一族戦没地

和田塚
和田義盛一族墓

和田塚
和田一族の碑



〜和田合戦〜

 1213年(建暦3年)2月の泉親衡の謀反をきっかけとして起こったのが和田合戦

 謀反の加担者の中に侍所別当の和田義盛の子や甥が含まれていたことで、義盛と執権北条義時とが対立。

 義時から度重なる屈辱を受けた義盛は、5月2日に挙兵するが、二日間にわたる激戦の末、由比ヶ浜で最期を遂げた。

 この合戦では、鎌倉十橋の一つ琵琶橋付近で激戦が繰り広げられていることから、和田塚辺りも激戦地となったと考えられている。

 鶴岡八幡宮大鳥居(一の鳥居)の先にある首塚からも多くの人骨が発見されている。


琵琶橋
リンクボタン琵琶橋

 琵琶橋付近では、幕府方宍戸家政と朝比奈義秀の激戦が繰り広げられた。

 家政は、八田知家の四男で、朝比奈義秀との戦いで討ち死にした。

 (参考:若宮大路の歴史散策


和田合戦


リンクボタン上総介の任官を望んでいた和田義盛

リンクボタン泉親衡の乱から和田義盛の挙兵まで〜和田合戦『吾妻鏡』〜

リンクボタン『吾妻鏡』が伝える和田合戦


和田合戦〜北条義時の徴発と三浦義村の裏切り〜(okadoのブログ)







和田塚
和田塚

江ノ電和田塚駅から徒歩すぐ。
由比ヶ浜方面)



鶴岡八幡宮周辺・西御門・二階堂
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時