鎌倉手帳(寺社散策)

源氏ボタルよりともくん源頼朝の鎌倉入り!  彼岸花ヒガンバナ  三嶋大社のキンモクセイ三嶋大社の金木犀  新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機

八 田 知 家

編集:yoritomo-japan.com







八田知家
八田知家:『前賢故実』より
〜国立国会図書館デジタルコレクション〜


 八田知家は、常陸国八田(現在の筑西市)を本拠とし、八田武者所と称した武将。

 下野国宇都宮氏の二代当主・宇都宮宗綱(八田宗綱)の四男で1142年(康治元年)の誕生。

 源頼朝の乳母を務めた寒河尼は姉妹。

 源義朝の十男という説もあるが・・・

 義朝の九男は1159年(平治元年)に生まれた源義経

 『保元物語』によると、知家は1156年(保元元年)の保元の乱に義朝の郎党として活躍しているようなので、義朝の十男とするには無理がある・・・。





 1180年(治承4年)、源頼朝挙兵すると、姉妹の寒河尼とその夫の小山政光との関係から、早い時期に参じたものと考えられている。

 1183年(寿永2年)2月、野木宮合戦小山朝政らとともに頼朝の叔父志田義広と戦い勝利。

 源平の戦いでは・・・

 1184年(元暦元年)8月8日、頼朝は平家討伐のため主力武士団を弟の範頼に与えて西国へ派遣。

 知家も従軍した。

 範頼軍は、翌1185年(元暦2年)1月26日には豊後国へ渡り、2月1日には葦屋浦の戦いに勝利するなど、3月24日の壇ノ浦の戦いでの平家滅亡に貢献。

 しかし、前年に義経頼朝に無断で左衛門少尉の任官と檢非違使の宣旨を受けたとき、知家も右衛門尉に任官されていたため、4月15日の頼朝の手紙で「西国へ下る途中の京都で任官されるなど、どんくさい馬が道草を食っているようなものだ」と罵られている。

 1187年(文治3年)8月15日、鶴岡八幡宮で催された放生会に、源範頼・大内義信・加々美遠光・安田義定・伏見広綱・小山朝政千葉常胤三浦義澄足立遠元らとともに参列。

 1189年(文治5年)7月17日、千葉常胤とともに奥州征伐の東海道(常磐道)の大将軍に任ぜられ、7月19日に出陣。

 1193年(建久3年)6月、前月に起こった曽我兄弟の仇討ち事件をきっかけにして、同じ常陸国の多気義幹(たけよしもと)の謀叛を訴え、義幹の所領を没収させた。

 1199(建久10年)1月13日に頼朝が死去すると、頼家が家督を相続するが、4月12日には頼家の訴訟親裁が停止され、宿老13人による合議制によることが決定されるとその一人に加わる。

 1203年(建仁3年)6月23、頼家への謀叛の疑いで捕えられ、常陸国へ流されていた阿野全成(頼朝の異母弟)を誅殺。

 1218年(建保6年)3月3日死去。





 茨城県つくば市にあった小田城は、1185年(文治元年)に常陸国守護に任じられた知家の築城と伝えられている。


小田城跡
リンクボタン小田城跡



 一説によると、源頼朝を暗殺しようとして捕らえられたという平景清は、知家に預けられ、絶食して果てたのだという。


景清窟
リンクボタン景清窟
(鎌倉:仮粧坂)



 小田城跡の北東方向には、知家を祖とする小田氏の外護を受けて布教活動を行った忍性ゆかりの三村山(宝篋山)がある。


宝篋山
リンクボタン小田城跡から見える宝篋山



 小田城跡の北方にある北条の地には、知家の策略により所領を没収された多気義幹のものと伝わる五輪塔がある。


伝 多気太郎義幹墓
リンクボタン多気義幹の五輪塔







2022年のNHK大河ドラマは・・・
北条義時!

鎌倉殿の13人〜十三人の合議制〜

二代執権北条義時


歴史めぐり源頼朝




小田城跡
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時