鎌倉手帳(寺社散策)

大 泉 寺
〜阿野全成館址:沼津〜

編集:yoritomo-japan.com







沼津・大泉寺


 大泉寺は、源頼朝の異母弟阿野全成の居館跡に建つ寺。

 全成が居館に建てた持仏堂が大泉寺のはじまりで、当初は真言宗の寺だったが、天正年間(1573〜92年)に曹洞宗に改宗された。 





〜阿野全成〜

 全成の母は常盤御前

 幼名は今若。

 同母兄弟に義円(乙若)と義経(牛若)がいる。

 1159年(平治元年)の平治の乱で父源義朝平清盛に敗れると醍醐寺に預けられた。

 1180年(治承4年)、源頼朝が挙兵すると寺を抜け出し駆けつけている。

 『吾妻鏡』によれば、頼朝石橋山で敗れた後の8月26日、佐々木定綱兄弟と出会い、兄弟とともに相模国の渋谷重国に匿われていた。

 10月1日、下総国の鷺沼の旅館頼朝と対面し、令旨が下されたことを京都で聞き、寺を抜け出して修行僧を装って下ってきたことを話すと頼朝は涙を流して喜んだという。

 11月19日には武蔵国の長尾寺が与えられた。

 その後、北条時政の娘保子(阿波局・政子の同母妹)を妻とし、駿河国阿野荘が与えられ「阿野」を名乗った。

 1192年(建久3年)8月9日、頼朝の次男実朝が誕生すると阿波局が乳母となり、全成は乳母夫として養育係となっている。



〜八幡大菩薩と清水観音に救われた頼朝と常盤の子たち〜

 1159年(平治元年)の平治の乱後、源義朝の側室常盤御前は、今若(阿野全成)、乙若(源義円)、牛若(源義経)を連れて幼少の頃より信仰していた清水寺に参り、千手観音(子安塔)に三人の子の無事を祈願したという。

 『平治物語』(学習院本)には、常盤と三人の子が助けられたのは清水観音の力によるもので、源頼朝が死罪を免れて蛭ヶ小島に流罪となったのは八幡大菩薩(石清水八幡宮)の力によるものだと述べられている。



阿野全成・時元の墓
伝阿野全成・時元の墓


 大泉寺にある全成(左)と遺子時元(右)の墓。

 源頼朝の死後、嫡男頼家がその跡を継ぐと、北条時政源実朝を擁立しようと画策し、全成もそれに加わった。

 しかし、1203年(建仁3年)5月19日、全成は武田信光に捕らえられ、常陸国へ流された後、6月23日に誅殺された(阿野全成の誅殺)。

 北条時政北条政子の計らいもあって阿野荘で隠棲していた遺子時元は、1219年(建保7年)1月27日に源実朝が暗殺されると、2月1日、反北条の兵を挙げたが、2月22日、北条義時が派遣した軍に攻められ自刃した。

 時元は全成の四男。

 阿波局(政子の妹)の子であることから、阿野家の嫡子とされていた。

 全成の娘は藤原公佐の室となり、その子実直は「阿野」を名乗った。

 のちに後醍醐天皇の寵愛を受けた阿野廉子はその末裔。







歴史めぐり源頼朝



沼津・大泉寺
大泉寺

静岡県静岡県沼津市井出744

JR東海道線原駅から徒歩30分



伊豆韮山
リンクボタン源頼朝の配流地
(伊豆韮山)

伊豆・箱根
リンクボタン伊豆・箱根の旅
(源頼朝・北条氏ゆかりの地)


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


長谷の灯り 江の島灯籠
板橋地蔵尊大祭 ぼたもち供養
鶴岡八幡宮例大祭 面掛行列