鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編



阿野全成の墓
〜益子町:大六天の森〜


編集:yoritomo-japan.com








阿野全成の墓


 阿野全成は、河内源氏の棟梁源義朝の子。

 母は常盤御前

 源頼朝の異母弟。

 源義経の同母兄。

 1159年(平治元年)の平治の乱で父義朝が平清盛に敗れたため醍醐寺に入っていたが、1180年(治承4年)に頼朝が挙兵すると寺を抜け出し参陣。

 武蔵国の長尾寺を与えられている。

 その後、北条時政の娘阿波局と結婚し、駿河国阿野庄を与えられ「阿野」を名乗り、千幡(のちの源実朝)の乳母夫となったが・・・

 頼朝なき後の1203年(建仁3年)、源頼家への謀反の疑いで捕らえられ、常陸国に流された後、下野国で八田知家に誅殺された。

 栃木県益子町の大六天の森にある五輪塔は、全成とその従者の墓と伝えられている。



大六天の森
大六天の森


 全成が誅殺された益子は、宇都宮氏三代当主・朝綱の隠棲地。

 『吾妻鏡』によると、謀反を企てたとして捕えられた全成は、宇都宮朝業に預けられ、常陸国に流された。

 朝業は北条時政の娘婿で宇都宮氏五代当主・頼綱の弟。

 全成を処刑した八田知家は、宇都宮氏二代当主・宇都宮宗綱(八田宗綱)の四男。

 朝綱の弟。

 源頼朝の乳母を務めた寒河尼は姉妹。

 本拠は常陸国八田の小田城

 益子の北の茂木郷は、頼朝の挙兵時に知家が地頭職を安堵された地で、三男知基が継承していた。





〜全成の首の伝説〜

阿野全成・時元の墓
リンクボタン伝阿野全成・時元の墓
(沼津市:大泉寺)

 沼津市の大泉寺は、全成の屋敷跡に建てられた寺。

 伝説によると、下野国で処刑された全成の首は、一夜のうちに駿河国の阿野庄へ飛んで行き、大泉寺の門前にあった松の木に引っかかったのだという。





〜大六天の森の近くには・・・〜

宇都宮家の墓所
リンクボタン宇都宮家の墓所

 全成の墓の近くにある宇都宮家の墓所は、宇都宮氏三代当主・朝綱が初代宗円・二代宗綱の墓を築いたのが始まり。


地蔵院
リンクボタン地蔵院
綱神社
リンクボタン綱神社

 地蔵院は、朝綱が建立した寺院で、かつては尾羽寺と称されていた。

 地蔵院に隣接する綱神社朝綱の創建。



阿野全成の誅殺







歴史めぐり源頼朝



阿野全成の墓
阿野全成の墓

栃木県芳賀郡益子町上大羽709付近

駐車場:友愛作業所

益子駅と観光案内所にレンタサイクル有



阿野全成の墓と
宇都宮朝綱ゆかりの寺社・史跡

大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






中世歴史めぐり


鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編