鎌倉手帳(寺社散策)

紅葉今年は期待できそう!鎌倉の紅葉!  源氏ボタルよりともくん顔がでかくて美しく背が低くて雅  新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機  鎌倉大仏かながわ県民割でお得旅行

足 立 遠 元

編集:yoritomo-japan.com







 足立遠元(あだち とおもと)は、武蔵国足立郡を本拠とした豪族。

 父の藤原遠兼が武蔵国足立郡に移り住んだのが始まりで、子の遠元から足立氏を名乗った。

 源頼朝伊豆国蛭ヶ小島に流されている頃から仕えていた安達盛長は、遠元の叔父にあたるのだという(遠元の方が年上だったようだが・・・)。


 『平治物語』によると、1159年(平治元年)の平治の乱源義朝に従い、平重盛との待賢門の戦いでは源氏17騎の一人として活躍、六波羅攻めでは同郷の金子家忠の刀が折れると家来の太刀を家忠に与えるという美談を残している。

 1180年(治承4年)、伊豆国源頼朝挙兵

 『吾妻鏡』によると、前々から参陣を命じられていた遠元は、10月2日、頼朝が武蔵国に入ると豊島清元葛西清重らとともに参陣。

 鎌倉入りを果たした後の10月8日、武蔵国足立郡を安堵された。

 1184年(元暦元年)10月6日、幕府に公文所が設置されると大江広元が別当に任じられ、遠元は、中原親能二階堂行政・中原秋家・藤原邦通らとともに寄人(よりゅうど)に任じられている。

 1187年(文治3年)8月15日、鶴岡八幡宮で催された放生会に、源範頼・大内義信・加々美遠光・安田義定・伏見広綱・小山朝政千葉常胤三浦義澄八田知家らとともに参列。

 1199(建久10年)1月13日に頼朝が死去。

 1月20日には頼家が家督を相続するが、4月12日になると頼家の訴訟親裁が停止され、宿老13人による合議制によることが決定される。

 遠元もその一人に加わった。

 生誕年も没年も不明。





〜実務官としても頼朝に尽くした〜

 遠元は、公文所の寄人に任じられているとおり、軍事以外でも頼朝に認められ、京都からの重要な客人の席にも登場している。

 1184(元暦元年)6月1日。頼朝が鎌倉に滞在していた平頼盛(池禅尼の子)の餞別の宴で、小山朝政三浦義澄結城朝光・下河辺行平・畠山重忠・橘公長・八田知家・後藤基清らとともに京都経験者として招かれた。

 1186年(文治2年)1月8日、頼朝は、前年から鎌倉に下向していた一条能保(頼朝の姉妹坊門姫の夫)の餞別の儀を宿泊先の遠元の屋敷で行っている。



〜足立遠元館跡〜

 足立遠元の屋敷が足立郡の何処にあったのかは定かではないが、埼玉県には、その可能性のあるとされている地が数か所ある。


伝足立右馬允遠元館跡碑
リンクボタン伝足立右馬允遠元館跡碑
(桶川市)

 桶川市総合福祉センター地内には「伝足立右馬允遠元館跡」の石碑が建てられている。


六部堂
リンクボタンさいたま市の館跡推定地

 さいたま市西区大字植田谷本の六部堂周辺が館跡と伝えられている。





〜足立館にあった社〜

足立神社
リンクボタン足立神社
(さいたま市西区)

 足立神社には、足立館にあったとされる社も合祀されている。


〜足立という地名〜

大宮氷川神社
リンクボタン氷川神社
(さいたま市大宮区)

 足立という地名は、東征で負傷した日本武尊が夢告に従って氷川神社に詣でると立てるようになったという伝説が由来なのだという。



〜遠元の猶子〜

天野遠景の墓
リンクボタン天野遠景の墓
(伊豆の国市)

 1891年(明治24年)に出版された『天野氏譜録』によると、天野遠景は、足立遠元の猶子となっていたのだという。







2022年のNHK大河ドラマは・・・
北条義時!

鎌倉殿の13人〜十三人の合議制〜

二代執権北条義時


歴史めぐり源頼朝




足立遠元館の推定地
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時