鎌倉手帳(寺社散策)

アジサイ鎌倉のアジサイ  新緑新緑の鎌倉  
    渋沢栄一「晴天を衝け」  武士「鎌倉殿の13人」



足立神社
〜さいたま市西区飯田〜


編集:yoritomo-japan.com







足立神社


 足立神社は、天神七代尊・地神五代神・日本武尊・市杵島姫命・多岐都比売命・猿田彦命・大国主神・天手力男神・菊理姫命・倉稲御魂神・応神天皇・菅原道真の24神を祀る社。

 ここには、もともと氷川神社があったが、明治39年の神社合祀令によって近隣の神社が合祀され、足立神社に改められたのだという。

 この時、足立遠元の館跡にあったされる植田谷本の足立神社も合祀された。


足立神社

 足立氏が祀った足立神社は、氷川神社・調神社・多気比売神社とともに武蔵国足立郡の延喜式内神社なのだという。






六部堂
リンクボタン六部堂
(足立遠元館跡)

 足立遠元は、武蔵国足立郡の豪族。

 本拠をどこに置いていたのかは不明だが、足立神社の南の植田谷本にある六部堂の西側一帯は館跡と推定されている場所の一つ。 


植田谷本の楠
植田谷本の楠
(足立神社旧社地)

 『新編武蔵風土記稿』によると、足立氏が祀った足立神社は、植田谷本村の名主・小島勘太夫の屋敷内にあったのだ伝えられている。

 市の天然記念物のクスノキのある地が小島勘太夫の屋敷跡。

 小島勘太夫は足立氏の末裔なのだという。



〜桶川市にも館跡とされる地が。〜

伝足立右馬允遠元館跡碑
リンクボタン伝足立右馬允遠元館跡碑
(桶川市)



2022年の大河ドラマは北条義時

鎌倉殿の13人

二代執権北条義時

宿老13人の合議制

足立遠元も13人のうちの一人!







歴史めぐり源頼朝



足立神社
足立神社

さいたま市西区飯田54
JR大宮駅から西武バス
大35・36・31系統で「足立神社」下車



足立遠元館の推定地
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。



鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時