鎌倉手帳(寺社散策)

源氏ボタルよりともくん源頼朝の鎌倉入り!  彼岸花ヒガンバナ  三嶋大社のキンモクセイ三嶋大社の金木犀  新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機

二階堂行政

編集:yoritomo-japan.com







 二階堂行政は、藤原南家乙麻呂流・工藤行遠の子。

 母は熱田神宮大宮司藤原季範の妹。

 永福寺(二階堂)の近くに住んだことで二階堂氏を称した。

源頼朝の母由良御前は藤原季範の娘。



 『吾妻鏡』によると・・・

 1184年(元暦元年)8月24日、幕府に新たに設置される公文所(のちの政所)の上棟式を三善康信(善信)と担当。

 同年10月6日の公文所の吉書始では、大江広元が別当に任じられ、行政は、中原親能足立遠元・中原秋家・藤原邦通らとともに寄人(よりゅうど)に任じられている。

 1191年(建久2年)1月15日の政所の吉書始では、次官(令)に就任。

 1199(建久10年)1月13日に頼朝が死去すると、20日には頼家が家督を相続するが、4月12日には頼家の訴訟親裁が停止され、宿老13人による合議制によることが決定されると行政もその一人に加わった。

 生誕年・死没年ともに不明。





〜将軍家政所下文〜

政所下文

 1192年(建久3年)9月12日、小山朝政に対して下野国日向野郷地頭職を補任した下文。

将軍家政所下 下野國日向野郷住人
補任地頭職事
左衛門尉朝政
右壽永二年八月 日御下文云以件
人補任彼職者今依仰成賜政所
下文之状如件以下
建久三年九月十二日案主藤井(花押)
令民部少丞藤原(花押) 知家事中原(花押)
別当前因幡守中原朝臣(花押)
前下総守源朝臣

 案主藤井は藤井俊長・令民部少丞藤原は二階堂行政・知家事中原は中原光家・別当前因幡守中原朝臣は大江広元のこと。



永福寺跡
リンクボタン永福寺跡

 永福寺は、1192年(建久3年)、源頼朝奥州平泉の寺院を模して創建。

 廃寺となってしまったが、本堂の二階堂の名は現在も地名として残されている。

 『吾妻鏡』によると1192年(建久3年)9月11日、永福寺の建設工事の様子を見るため、二階堂行政の屋敷に泊まっている。



〜政所執事を世襲〜

 1218年(建保6年)12月、行政の次男行光が政所執事に就任。

 行光の後は、甥の伊賀光宗が就任するが、光宗が1224年(元仁元年)の伊賀氏の変で流罪となった後、行光の子行盛が就任。

 以後、二階堂氏は政所執事を世襲する。


東昌寺五輪塔
リンクボタン二階堂行盛の墓
(逗子:東昌寺)







2022年のNHK大河ドラマは・・・
北条義時!

鎌倉殿の13人〜十三人の合議制〜

二代執権北条義時


歴史めぐり源頼朝







鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時