鎌倉手帳(寺社散策)

源氏ボタルよりともくん源頼朝の鎌倉入り!  彼岸花ヒガンバナ  三嶋大社のキンモクセイ三嶋大社の金木犀  新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機  鎌倉大仏かながわ県民割でお得旅行

大江広元邸跡

編集:yoritomo-japan.com







大江広元邸跡碑


 『吾妻鏡』によると、大江広元(おおえのひろもと)は、大江惟光の子で中原広季の養子となり中原姓を名乗っていたが、1216年(建保4年)、陸奥守となった以降に大江姓に戻した。

 広元と同じく公家出身の御家人中原親能は兄なのだという。

 武神と呼ばれた源義家は、広元の祖父大江匡房(まさふさ)から兵法を学んだといわれている。

 広元は、1184年(元暦元年)、源頼朝に招かれて鎌倉に下向し、開設された公文所の別当となる(公文所は、1191年(建久2年)に政所に改められる。)。

 1185年(文治元年)、源頼朝による守護・地頭の設置は広元の献策によるものとされる(文治の勅許)。

 1191年(建久2年)、中原親能とともに後白河法皇の院御所「法住寺殿」の修造の指揮をとった(後白河法皇の院御所「法住寺殿」の再建)。

 1199年(建久10年)に頼朝が亡くなった後も幕府の中で中心的な役割を担い、頼家が家督を継ぐと宿老13人による合議制の一人となる。

 1221年(承久3年)に後鳥羽上皇が北条義時追討の院宣を発した承久の乱では、北条政子とともに主戦論を唱えて勝利に導くなど、鎌倉幕府の基礎を築き上げた。

 1225年(嘉禄元年)6月10日没(法名覚阿・78歳)。


大江稲荷
リンクボタン大江稲荷
(大江広元を祀る社)


リンクボタン所領安堵の政所下文と頼朝の下文





広元と合戦・謀反・暗殺の歴史

1185年(元暦2年)5月24日

 源義経が兄頼朝に弁明するために書いた腰越状は広元あてのものだった。

1199年(正治元年)10月28日

 梶原景時弾劾のために作成された御家人66名の連判状は広元に託された(梶原景時の変)。

1203年(建仁3年)9月2日

 比企能員の暗殺では、北条時政が広元を訪れ、能員を暗殺する旨を明かしている(比企能員の変)。

1213年(建暦3年)5月2日

 北条義時打倒の挙兵をした和田義盛は、義時邸、大倉御所、広元邸を襲撃させた(和田合戦)。

1219年(建保7年)1月27日

 源実朝が暗殺された日鶴岡八幡宮へ出かける実朝に「涙を止めることができない」と語った(源実朝の暗殺)。

1221年(承久3年)5月19日

 後鳥羽上皇が起こした承久の乱では、北条政子とともに主戦論を唱えた。



戦国武将毛利元就の祖

 大江広元は愛甲郡毛利庄を拝領し、そこを相続した四男季光は、「毛利氏」を名乗った。

 1247年(宝治元年)の宝治合戦で三浦氏に味方したことから、毛利氏はほとんど滅んでしまうが、季光の四男経光の家系が後世にのこり、戦国時代に中国地方を統一した毛利元就の祖となる。

 江戸時代末には、毛利氏の長州藩は明治維新の成功に大きな働きをした。

 西御門にある広元と季光の墓は、江戸時代に長州藩によって建てられたものという。

 明王院裏山には、大江広元の墓と伝わる五層塔がある。


大江広元の墓
リンクボタン伝大江広元墓
大江広元の墓
リンクボタン大江広元の墓
(法華堂跡)


毛利氏発祥の地碑
リンクボタン毛利氏発祥の地碑
(三島神社:厚木市)



okadoのブログ

六浦道(路)その1

守護・地頭の設置

北条泰時死後の政局と北条時頼〜宝治合戦〜


2022年のNHK大河ドラマは・・・
北条義時!

鎌倉殿の13人〜十三人の合議制〜

二代執権北条義時







歴史めぐり源頼朝



大江広元邸跡碑

鎌倉市十二所

鎌倉駅から金沢八景・大刀洗行バス
「泉水橋」下車徒歩5分



鎌倉:寺社・史跡めぐり
金沢街道沿い

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時