鎌倉手帳(寺社散策)

南 御 門
〜大倉幕府の南門:鎌倉〜

編集:yoritomo-japan.com







 南御門(みなみみかど)は、鎌倉幕府(大倉幕府)の南門の意。
 源頼朝墓の参道と六浦道が交わる辺りを南御門といっていた。

 南御門には、畠山重忠邸があったといわれ、源頼朝の二女三幡が病気にかかったときに、京都から呼び寄せられた名医丹波時長が滞在していたといわれている。


畠山重忠邸跡
鎌倉観光畠山重忠邸跡





歴史めぐり源頼朝



大倉幕府
鎌倉観光大倉幕府跡


鎌倉観光西御門

鎌倉観光東御門




鶴岡八幡宮周辺・西御門・二階堂
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)