鎌倉手帳(寺社散策)

義経の腰越状

編集:yoritomo-japan.com







義経と弁慶
義経と弁慶
(満福寺)


 源平の戦いでは実戦部隊の大将として大活躍だった源義経

 しかし、後白河法皇に近づき過ぎ、頼朝に無断で任官されるなど、武士の社会を創りたい兄頼朝の不興をかってしまう。

 1185年(元暦2年)、壇ノ浦で平家を滅ぼした義経は、捕らえた平宗盛父子を護送して鎌倉へ凱旋しようとするが、頼朝は鎌倉に入ることを許さなかった。

 この措置は、梶原景時による讒言によるものが大きいといわれるが、義経への不満については源範頼からも寄せられていた。

 「腰越状」は、義経頼朝の側近大江広元あてに送った弁明書。





〜腰越状〜

 義経、恐れながら申し上げたいことは、鎌倉殿の御代官の一人に撰ばれ、天皇家の使いとなって、朝敵平家を滅ぼし、先祖代々から弓矢術を奮い、父の敵を討ちました。

 褒めてもらえるところを、思わぬ告げ口で、大きな手柄も無視されました。

 罪もないのに罰を受け、手柄はあっても間違いはしていないのに、お怒りを受け、残念で血の涙にふけっております。

 よく考えてみると、良薬は口に苦く、忠言耳に逆らうと、古人の言葉にあります。

 告げ口をした者を正さずに私を鎌倉へ入れないのでは、心のうちも話すことができず、むなしい日々を送っております。

 長く、情け深いお顔にもお会いできず、兄弟の情はないのと同じようです。

 私の運もこれまでなのでしょうか。

 それとも、前世で悪い行いがあったためでしょうか。

 悲しいことです。

 亡き父が再びこの世に現れて下さらないかぎり、誰にも私の胸のうちの悲しみを申し上げることもできず、また哀れんでもらうこともないのでしょうか。

 昔の出来事を話すようになりますが、義経は父母からこの身体を授かり、間もなく父を亡くして孤児となり、母の懐に抱かれて、大和国宇多郡龍門牧へ赴いてから、一日たりとも安全な日々はありませんでした。

 どうにもならない命と考えながらも、京都では動乱がつづき、身の危険もあったので、諸国を流浪し、あちらこちらに身を隠していました。

 都から遠く離れた国で、土地の人や百姓に仕えて暮らしていました。

 しかし、時機が熟して、平家一族を追討するために京都へ上り、まず木曽義仲を討ち取りました。

 更に平家掃滅のため、ある時は険しい岩山を駿馬にむちうち、命をかえりみず駆回りました。

 ある時は、洋々たる大海に波風をしのぎ、身を海底に沈めて鯨の餌になってしまうこともいとわず奮戦しました。

 甲冑を枕とし、弓矢を仕事としました。

 私の本意は、亡き父の憤りを鎮めるという、かねてからの念願を叶えることのみです。

 そればかりか、義経が五位の検非違使に任命されたことは、源家の面目が立てられためったにない出世です。

 そうはいっても、今は悲しみが深く胸が締め付けられそうな気持ちです。

 神仏の助けを借りる外に、どうしたらこの苦しみや悲しみを嘆いて訴えることができるでしょう。

 そういう事ですので、社寺から出された牛王宝印のある護符の裏面に、全く野心のない旨を記し、日本国中の大小の神々に誓います。

 数通の起請文をお出ししているのに、未だにお許しがありません。

 我が国は神の国。

 神に誓った起請文が通じないのであれば他に方法がありません。

 せめて、貴殿の御慈悲を仰ぎ、機会を捉えて、義経の意中を頼朝殿にお知らせいただき、疑い晴れて許されたならば、永く栄華を子孫に伝えたいと思います。

 これまでの悲しみを解決し、平安と幸福を得たいと念願している次第ですが、書き切れず、簡単な文面になってしまいました。

 そのあたりを推察して頂きますようお願いします。

 義経、謹んで申し上げます。


元暦二年五月 日         源義経


 進上  因幡前司守 殿


 内容は『吾妻鏡』に載せられていもの。

 因幡前司守=大江広元







源義経
リンクボタン源義経

 義経は「腰越状」を出す前に何通かの起請文を頼朝に提出している。

 しかし、何の返答もないことから書かれたのが「腰越状」なのだというが、義経は、頼朝の怒りの原因が、自分の勝手な行動にあることに気づかなかったのかもしれない。

 また、この「腰越状」の内容からすると、義経は平家討伐を私闘にしてしまっている感じもある。

 『吾妻鏡』に記されているものが本当に義経の文なのかは疑問だが・・・

 結局、頼朝の許しはなく、義経は再び宗盛父子を護送して京へ引き返すことになる。

 宗盛父子は近江国で処刑。


宗盛塚
リンクボタン宗盛塚
(滋賀県野洲市)


 その後、後白河法皇より「頼朝追討の院宣」が下されるが失敗し、逃亡の末、奥州平泉の藤原秀衡に匿われた。

 しかし、秀衡が亡くなると、頼朝を恐れたその子泰衡に攻められ自刃に追い込まれてしまう(1189年(文治5年))。



兄弟の亀裂

 1181年(養和元年)7月20日、鶴岡八幡宮の社殿の上棟式でのこと。

 頼朝は、大工への褒美として与える馬を義経に引くように命じた。

 しかし、義経は断った。

 馬引き役は、上の手綱と下の手綱のを担当する者が必要だが、義経は自分の身分とつりあう者いないと考えたようである。

 頼朝は激怒するが、源平の戦いが本格化する前から、頼朝と義経の考えには大きな隔たりがあったのかもしれない。

 リンクボタン源義経の大工の馬事件



源義経 奥州平泉

源平合戦

源義経伝説をめぐる 奈良・京都

静の舞 義経まつり







歴史めぐり源頼朝



満福寺
リンクボタン腰越状を書いた満福寺

鎌倉市腰越2−4−8
0467(31)3612

江ノ電「腰越駅」より徒歩5分


江ノ電で鎌倉



鎌倉:寺社・史跡めぐり
七里ヶ浜・腰越・片瀬

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)