鎌倉手帳(寺社散策)

歴史めぐり源頼朝
〜源義経と大工の馬事件〜







 1181年(養和元年)7月20日、鶴岡八幡宮の社殿の上棟式が行なわれます。

 源頼朝は社頭の東方の設置された仮屋に着座。

 御家人らがその南北に座しました。

 そして、大工たちに褒美の馬が与えられます。

 このとき、頼朝は馬を引く役を弟の義経に命じました。

 しかし、義経は「その場合、下の手綱を引く者がいません」と断ります。

 「上の手綱を頼朝の弟である義経が引いてしまうと、下の手綱を引く身分の者がいない」という意味のようです。

 この義経の言動に対して頼朝は、畠山重忠や佐貫広綱の名を出して「身分の低い者の役目だと思って断るか」と激怒したのだといいます。

 それに恐怖した義経は、二頭の馬を引きます。

 一頭目の下の手綱は畠山重忠、二頭目の下の手綱は佐貫広綱が引きました。

 その後には、土肥実平、工藤景光、仁田忠常、佐野忠家、宇佐美実政らが引いて式典を終えています。

 「たとえ兄弟であっても、義経は御家人の一人にすぎない」というのが頼朝の考えだったようです。


鶴岡八幡宮(鎌倉市)
リンクボタン鶴岡八幡宮

源義経



戻る
鶴岡八幡宮の造営



源頼朝









編集:yoritomo-japan.com


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)