鎌倉手帳(寺社散策)

ぼんぼり祭鶴岡八幡宮ぼんぼり祭  新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機

中 原 親 能

編集:yoritomo-japan.com







 中原親能は、鎌倉幕府の草創期に源頼朝に招かれて下向した公家出身の御家人。

 政所別当を務めた大江広元の兄なのだという。

 一説には、頼朝が伊豆国の流人の身の頃から親交があって、頼朝が挙兵すると関東に走り、頼朝の側近となったともいわれるが定かではない。

 鎌倉幕府では、軍事・行政を補佐し、京都守護・政所公事奉行など重職を歴任。

 平家追討奥州征討にも従軍した。

 1186年(文治2年)、頼朝に次女の三幡が誕生すると、親能の妻が乳母に就任。

 1199(建久10年)1月13日に頼朝が死去すると頼家が家督を相続するが、4月12日に頼家の訴訟親裁が停止されたことにより宿老13人による合議制の一人となった。

 同年6月30日、三幡が死去したことに伴い出家。

 1209年(承元2年)12月18日、京都で卒去(66歳)。


2022年のNHK大河ドラマは・・・
北条義時!

鎌倉殿の13人〜十三人の合議制〜

二代執権北条義時





〜中原親能夫妻と石山寺〜

石山寺
リンクボタン石山寺
(滋賀県大津市)

 『石山寺縁起絵巻』によれば、 中原親能は源頼朝の命により山城国和束における謀反人を追討する際、石山寺に参詣して毘沙門天に戦勝を祈願し勝利を収めたのだという。

 その報恩のため、親能は石山寺に勝南院を建立し、妻の亀谷禅尼は剃髪後に石山寺に住して宝塔院を建立して大日如来の胎内に頼朝の髪を収めて日々勤行したのだと伝えられている。


源頼朝と亀谷禅尼の宝篋印塔
リンクボタン源頼朝と亀谷尼の宝篋印塔
(石山寺)

 源頼朝が寄進したという多宝塔背後にある二基の宝篋印塔は、右が源頼朝、左が亀谷禅尼の供養塔と伝えられている。



〜中原親能邸と三幡の墳墓堂〜

岩船地蔵堂
リンクボタン岩船地蔵堂


 『吾妻鏡』によると、中原親能の鎌倉の屋敷は亀ヶ谷にあって、頼朝の次女三幡が病気になった際には、京都から呼び寄せられた医師丹波時長が最初に滞在した所が親能邸だった。

 その後亡くなった三幡は、親能の亀谷堂に葬られたのだという。

 扇ヶ谷の岩船地蔵堂は、一般的に頼朝の長女大姫の墳墓堂とされているが、三幡の墳墓堂ではないかという説がある。

 現在、この辺りは扇ヶ谷(扇ガ谷)という地名だが、鎌倉時代には亀ヶ谷が一般的な呼び名だった。







鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時