鎌倉手帳(寺社散策)

緊急事態だから自宅で鎌倉 ・・・ 源頼朝に届いた平家打倒の令旨  源頼朝挙兵  承久の乱  北条政子の言葉  新田義貞の鎌倉攻め

歌 ノ 橋
〜鎌倉十橋〜

編集:yoritomo-japan.com







鎌倉十橋:歌ノ橋


 歌ノ橋は、金沢街道の二階堂川に架かる橋で鎌倉十橋の一つ。

 1213年(建暦3年)2月、二代将軍源頼家の遺児千寿丸を将軍に据えようとする企てが露見した。

 謀叛を企てたとして捕まった者の中に渋川刑部六郎兼守という者がいた。

 処刑が決まった兼守は、無実の罪を晴らすために十首の和歌を荏柄天神社に奉納。

 その和歌がどのようなものであったかは伝わっていないが、和歌を手にとってみた将軍源実朝が感動して無罪放免となったという。

 感謝した兼守が、その御礼として二階堂川に架けたのが「歌ノ橋」だったのだと伝えられている。 


リンクボタン鎌倉十橋

リンクボタン鎌倉十橋MAP





 『吾妻鏡』によれば、1213年(建暦3年)2月16日、亡き源頼家の遺児千寿丸を将軍に据え、北条義時を討つという信濃国住人の泉親衡の謀叛が露見した。

 渋川刑部六郎兼守は謀叛に加担したとして捕らえられ、安達景盛に預けられた。

 そして、2月25日には、翌朝の処刑が命じられている。

 翌2月26日朝、前夜から荏柄天神社に籠もっていた工藤祐高は、処刑が決まって悲しんだ兼守が荏柄天神社に捧げた十種の和歌を見つけた。

 それを御所に持ち帰ると、源実朝は、その出来ばえに感激して、兼守の罪を許したのだという。


鎌倉十橋:歌ノ橋

 泉親衡の謀反では、和田義盛の子の義直、義重、甥の胤長も捕えられ、このことが5月に起こる和田合戦へと繋がっていく。

和田合戦〜北条義時の徴発と三浦義村の裏切り〜(okadoのブログ)


鎌倉:合戦・謀反・暗殺の歴史



荏柄天神社
リンクボタン荏柄天神社

 荏柄天神社は、源頼朝も大倉幕府の鬼門の守護神として尊崇した神社。

 京都の「北野天満宮」、福岡の「太宰府天満宮」とともに日本三天神の一つに数えられている。







鎌倉十橋:歌ノ橋
歌ノ橋

 歌ノ橋は、夷堂橋とともに「かながわの橋100選」に選ばれている。


鎌倉市二階堂・金沢街道沿い

鎌倉駅から徒歩20分

okadoのブログ
六浦道(路)その1



鎌倉:寺社・史跡めぐり
金沢街道沿い

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時