鎌倉手帳(寺社散策)

ぼんぼり祭鶴岡八幡宮ぼんぼり祭  新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機

北条時頼の廟所と墓
〜北鎌倉:明月院〜


編集:yoritomo-japan.com







北条時頼廟


 明月院の門をくぐるとすぐ左手に見えるのが五代執権北条時頼の廟所。

 そして、その奥の宝篋印塔は時頼の墓と伝えられている。

 かつて、この辺りには時頼が建てた最明寺があった。

 『吾妻鏡』は、1256年(康元元年)、時頼が出家の準備のために建立した寺と記している。

 時頼は、この年の11月22日に執権を辞し、翌日には、最明寺で蘭渓道隆を戒師として出家する(法名は「覚了房道崇」)。
 
 以後、最明寺で隠居生活を送り、「最明寺入道」と呼ばれていた。

 出家からちょうど7年後の1263年(弘長3年)11月22日、最明寺で没(37歳)。


 最明寺は時頼の死後廃絶するが、子の北条時宗が最明寺を前身とする禅興寺を創建し(開山は蘭渓道隆)、明月院は禅興寺の支院の首位に置かれていた。





北条時頼の宝篋印塔
北条時頼の宝篋印塔


 北条時頼は、1227年(嘉禄3年)5月14日、北条時氏の次男として誕生。

 母は松下禅尼

 兄に四代執権の北条経時がいる。

 1246年(還元4年)3月23日、重病となった兄経時から執権職を譲られ五代執権に就任する。

 1256年(康元元年)11月22日に執権職を辞して出家するが、政治の実権は握り続けていた。

 『吾妻鏡』は、時頼のことを・・・

 「平生から武道をもって君を助け、仁義を施して民を憐れみ、天道の理にかない、人望があった」 と記し、

 臨終に際しては、「手には定印(じょういん)を結び、辞世の頌(じゅ)を唱えて即身成仏のめでたいしるしを示したことは、神仏の再誕である」 と記している。


〜北条時頼辞世の頌(じゅ)〜

「業鏡(ごうきょう)高く懸(か)く 三十七年 一槌(いっつい)に打碎して大道担然(たんねん)たり」

(この世の善悪をうつしとる鏡(業鏡)のように、邪悪を正すことに専念した37年間、今では一槌のもとに打ち砕いて、人の踏み行うべき道が平坦に続いている)


五代執権北条時頼







北条時頼の墓
リンクボタン最明寺の北条時頼墓
(伊豆の国市)

 伊豆長岡(伊豆の国市)にある最明寺には、時頼の徳を慕って遺骨が分骨されているという。


建長寺
リンクボタン建長寺

 建長寺は、1253年(建長5年)、五代執権北条時頼が宋の蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)を招いて開いた日本で初めての「禅専門道場」。



最明寺北条時頼坐像
伝北条時頼坐像
リンクボタン最明寺
(大井町)
明月院北条時頼坐像
塑造北条時頼坐像
リンクボタン明月院
(県重文)


北条時頼坐像
リンクボタン北条時頼坐像



伝  説

リンクボタン北条時頼廻国伝説(謡曲「鉢の木」)

リンクボタン母松下禅尼の教え「質素倹約」・・・北条時頼



歴史めぐり源頼朝

北条氏をめぐる鎌倉
(北条氏ゆかりの寺社・史跡)



明月院
リンクボタン明月院

 明月院は、八代執権北条時宗蘭渓道隆を招いて開いた「禅興寺」の支院。
 境内には、五代執権北条時頼の廟所がある。
 鎌倉の「紫陽花寺」

明月院ブルー


鎌倉市山ノ内189
0467(24)3437

JR北鎌倉駅より徒歩10分


鎌倉の臨済宗の寺



〜北鎌倉の寺社・史跡巡り〜
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時