鎌倉手帳(寺社散策)

アジサイ鎌倉のアジサイ  新緑新緑の鎌倉  
    渋沢栄一「晴天を衝け」  武士「鎌倉殿の13人」



松下禅尼の質素倹約の教え
〜北条時頼伝説〜


編集:yoritomo-japan.com







 吉田兼好の『徒然草』には、北条時頼と大仏宣時が味噌を肴に酒を飲んだことが書かれている。

大仏宣時は北条貞時の時代に連署を務めた人物。


味噌を肴に酒を飲む
『前賢故実』より
(国会図書館デジタルコレクション)


 ある宵、宣時のもとに時頼からの使者が来て、

 「すぐ来るように」

 とのことでした。

 宣時は、直垂の準備がなく、ぐずぐずしていると、再び使者が来て、

 「夜なのだからどんな服装でもよいから早く来い」

 とのこと。

 宣時がかけつけると、時頼は銚子と土器を持って出てきました。

 そして、

 「ひとりで酒を飲むのがさびしいので来てもらったが、これといった肴もない。

 何か台所から探してきてくれないか」

 と頼まれました。

 宣時は、土器の中に味噌が残っているのを見つけると、時頼は、

 「これでいい」

 といって二人で酒を飲んだのだといいます。


北条執権館址
リンクボタン北条執権館址
(宝戒寺)

 宝戒寺は、北条執権館跡に建てられた寺。







 吉田兼好の『徒然草』には、北条時頼の母松下禅尼が質素倹約の心を教えたことも記されている。


障子を切り貼りする松下禅尼
『前賢故実』より
(国会図書館デジタルコレクション)


 ある日、時頼は母に招かれ母の家を訪れます。

 すると、母は障子の切り張りをしていました。

 松下禅尼の兄安達義景が、

 「そのようなことは誰かにやらせます」

 というと、

 「私より上手に貼れる者はいないでしょう」

  といって、障子の破れたところのみを丁寧に張っていたそうです。

 それを見た義景は、

 「全部張り替えた方が簡単ですし、見栄えも良いでしょう」

 というと、

 「今日はわざとこうしておくのです。

 物は修理して使うものだということを時頼に教えるためです」

 と答えたのだといいます。


安達盛長邸址碑
リンクボタン安達盛長邸址碑
(甘縄神明神社)

 安達氏館は、甘縄神明神社付近にあったのだといわれている。



北条時頼坐像
リンクボタン木造北条時頼坐像
(国重文)

五代執権北条時頼





建長寺
リンクボタン建長寺

 北条時頼は、1253年(建長5年)、日本初の禅専門道場建長寺」を創建した。


北条時頼墓
リンクボタン北条時頼墓

 北条時頼の墓は、「アジサイ」で知られる明月院にある。
 時頼は、1263年(弘長3年)11月22日、最明寺で亡くなった。



〜北鎌倉の寺社・史跡巡り〜
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時