鎌倉手帳(寺社散策)

渋沢栄一「晴天を衝け」  武士「鎌倉殿の13人」  サクラあたみ桜  菜の花と富士:二宮町吾妻山吾妻山の菜の花

連署の設置
〜北条泰時の政策〜

編集:yoritomo-japan.com







 「連署」とは、鎌倉幕府の役職の一つで、執権を補佐する役。

 幕府の公文書に執権とともに署名をしたことから「連署」と呼ばれた。

 1225年(嘉禄元年)、北条泰時が叔父の時房を任命したのが始まりとされる。

 以後、北条重時、北条政村、北条時宗、金沢貞顕など、北条一族の有力者が就任した。


連署
泰時(右)と時房(左)の花押


 『吾妻鏡』によると、泰時が執権に就任した1224年(貞応3年)6月28日、北条政子時房を後見役に任命している。

 この記述から、連署は政子が設置したものと考えられてきたが、現在では政子の死後に泰時が設置し、時房を任命したとする説が定着している。 



〜幕府有力者による合議制〜

執権 連署

評定衆11名


 連署を設置した泰時は、続いて評定衆11名を任命し、計13名による合議制を敷いた。 


リンクボタン北条泰時の集団指導制・合議政治〜連署と評定衆〜



〜時宗と政村〜

 五代北条時頼が執権を引退すると、六代執権に長時、七代執権に政村がなったが、これは得宗家(北条時頼)の嫡子時宗が幼かったための措置であった。

 1268年(文永5年)、幕府は、これまで連署だっだ時宗を執権とし、執権であった政村を連署とする人事を行っている。


北条泰時死後の政局と北条時頼〜宝治合戦〜(okadoのブログ)

得宗専制政治を確立した北条時頼(okadoのブログ)







リンクボタン鎌倉幕府の政策(北条氏の政治)



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)