鎌倉手帳(寺社散策)

紫式部 紫式部と越前国



明月院ブルー
北鎌倉:明月院のアジサイ

編集:yoritomo-japan.com








明月院のアジサイ


 明月院のアジサイは、日本古来の「姫アジサイ」です。

 姫アジサイの名は、日本の植物学の父と呼ばれれる牧野富太郎博士によるもの。

 明月院にアジサイが植えられたのは戦後になってからのこと。

 その「アジサイ」が増え、現在では鎌倉の「紫陽花寺」として知られるようになりました。

 境内が約2500株の青色のアジサイで埋め尽くされることから「明月院ブルー」と呼ばれています。

 開花期は5月下旬から7月上旬まで続きますが、見頃は6月上旬から下旬にかけて。

 例年、6月の第2週頃から見頃となり、ピークとなるのは6月中旬から下旬のようです。

 明月院のアジサイは、長谷寺のアジサイと並ぶ人気スポット。

 シーズン中は大変混みますので、早朝に観賞するなどの計画をたててから出掛けた方がよろしいかと思います。





明月院のアジサイ


明月院のアジサイ
風の小径

 2021年(令和3年)にできたアジサイ鑑賞の小径。


明月院のアジサイ


明月院の花想い地蔵





=日毎に青さを増す明月院ブルー=


明月院のアジサイ


 明月院の「アジサイ」は、日を追うごとに青さを増していきます。

 濃く鮮やかな「青」をご覧になりたい方は、6月中旬以降に行かれるといいかもしれません。

 明月院のアジサイは「明月院ブルー」と呼ばれています。



明月院のアジサイ


 明月院のアジサイは、ほとんどが日本古来のヒメアジサイ

 毎年300鉢のさし木をして新旧の更新が計られています。



ヒメアジサイ



青地蔵とアジサイ
リンクボタン青地蔵
花想い地蔵とアジサイ
リンクボタン花想い地蔵





リンクボタン明月院ブルーになりました。

 さらに濃い青に染まっていくと思いますが・・・

 本堂後庭園のハナショウブは終盤です。


リンクボタン2024生育・開花・見頃情報!
 (2024/06/11更新)


リンクボタン本堂後庭園の公開



〜6月の明月院〜

拝観時間:8:30〜17:00
(入山は16:30まで)
拝観料:500円




「鎌倉殿の13人」情報

 明月院は、山内経俊が建てた明月庵をその始まりとしています。

 2023年(令和5年)、境内には経俊の父俊通の墓が京都から移されています。




鎌倉のアジサイ


鎌倉あじさい物語










〜あじさいシーズンには〜

明月院のハナショウブ
リンクボタンハナショウブ

(本堂後庭園)
明月院のサツキ
リンクボタンサツキ

(枯山水庭園)


 「アジサイ」の時季には、本堂背後の庭園「ハナショウブ」も見頃を迎えます(例年6月上旬)。

 本堂背後の庭園は、「ハナショウブ」の季節と「紅葉」の季節に特別公開されています。

 本堂前の枯山水庭園では「サツキ」も(5月下旬から6月上旬)。

 本堂後庭園の入園料は500円。


沙羅双樹
リンクボタン沙羅双樹
明月院のノウゼンカズラ
リンクボタンノウゼンカズラ


 沙羅双樹は、釈尊がその下で涅槃となった木。

 明月院では、毎年アジサイの時季に見頃となります。

 アジサイが濃い青に染まる頃になるとオレンジ色が鮮やかなノウゼンカズラが咲き始めます。



月笑軒
リンクボタン月笑軒

 アジサイ・ハナショウブ散策を終えたら月笑軒で一服。

 美の余韻に浸りながら次の計画を・・・。


開花・見頃・イベント等の情報
↓ ↓ ↓
明月院ブルー:開花・見ごろ情報









明月院悟りの窓
リンクボタン明月院

鎌倉市山ノ内189
0467-24-3437

JR北鎌倉駅より徒歩10分





鎌倉:アジサイの名所


北鎌倉のアジサイ



=2024鎌倉アジサイ開花・見頃情報=

鎌倉あじさい情報


鎌倉あじさい開花・見頃情報



〜アジサイ散策:北鎌倉〜

より大きな地図で 北鎌倉:アジサイ・イワタバコ・ハナショウブ を表示








鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉の桜 鎌倉のアジサイ
鎌倉の紅葉 鎌倉の梅


鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編


紫式部 紫式部と越前国