鎌倉手帳(寺社散策)

足立神社源頼朝挙兵!  足立神社2020江の島灯籠  新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機

北条時頼の廻国伝説
〜謡曲「鉢の木」〜


編集:yoritomo-japan.com







鉢木
鉢木の場面
(東京都立図書館蔵)


 1246年(寛元4年)3月23日、五代執権となった北条時頼は、1256年(康元元年)11月22日にその職を辞し、以後、出家して「最明寺入道」と呼ばれた。

 当時、鎌倉では赤斑瘡(あかもがき=はしか)が大流行し、時頼宗尊親王もこれにかかったといわれている。

 出家した後の時頼には、諸国を廻ったという伝説が残されている。



〜謡曲「鉢の木」〜

 ある大雪の夜、上野国佐野荘のあばら家に一人の旅僧が宿をもとめてきました。

 家にいた婦人は、主人が留守だったため断りますが、帰ってきた主人がその話を聞くと、旅僧を追いかけ呼び戻しました。

 主人は、いろりの薪がなくなると秘蔵の鉢植の梅・松・桜を囲炉裏にくべてもてなしたそうです。

 旅僧が主人の素性をたずねると、もとは佐野荘の領主だった佐野源左衛門尉常世と名乗ります。

 そして、「一族に土地を奪われ、今はこのように落ちぶれているが、「いざ鎌倉!」というときには、一番に鎌倉に馳せ参じ忠勤を励む所存である」と語ります。

 翌朝、旅僧は主人に礼を述べて家を辞します。

 それからしばらくして、鎌倉からの動員令が諸国の武士に下されました。

 常世もその噂を耳にし、破れた具足をつけ、錆びた長刀を持ち、やせ馬にまたがって「いざ鎌倉!」と馳せ参じました。

 みすぼらしい姿に集まった人々の嘲笑を買う中、幕府の役人から呼び出しを受けます。

 みっともない格好を叱責されるのかと思いながら、おそるおそる前に進み顔をあげると、そこにはあの大雪の夜の旅僧の顔がありました。

 その旅僧こそ前の執権北条時頼でした。

 時頼は一宿一飯の恩義を受けた礼を述べ、あの夜の話のとおりに馳せ参じたことをほめたたえ、佐野荘の安堵を約束しました。

 その上、常世が時頼のために薪として使った鉢の木にちなんで、上野国松井田荘、越中国桜井荘、加賀国梅田荘を常世に与えたといいます。







〜『増鏡』と『太平記』に描かれた廻国伝説〜

 『増鏡』には、時頼は出家してから諸国を歩き、不満を訴える人々に自らの文を手渡していたといいます。

 その文を鎌倉に持参すると善処してもらえたという話が伝えられているようです。


 『太平記』には・・・ 姿をやつして摂津国難波浦を訪れたときの出来事が記されています。

 時頼は、日も暮れたので、みすぼらしい尼の家に宿を借りました。

 尼はこころよく泊めてくれましたが、翌朝の食事のときに、「我が家は先祖より地頭職を有していましたが、その地頭職を横領されてしまいました」 と泣きながら語ったといいます。

 これを聞いた時頼は、位牌の裏になにやら記してその家を辞しました。

 鎌倉に戻った時頼は、尼に位牌を持参するよう伝え、尼の本領を安堵したといいます。


北条時頼坐像
リンクボタン木造北条時頼坐像
(国重文)

五代執権北条時頼





建長寺
リンクボタン建長寺

 北条時頼は、1253年(建長5年)、日本初の禅専門道場建長寺」を創建した。


北条時頼墓
リンクボタン北条時頼墓

 北条時頼の墓は、「アジサイ」で知られる明月院にある。
 時頼は、1263年(弘長3年)11月22日、最明寺で亡くなった。



〜北鎌倉の寺社・史跡巡り〜
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時