鎌倉手帳(寺社散策)

足立神社源頼朝挙兵!  足立神社2020江の島灯籠  新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機

鎌倉「親王将軍」

編集:yoritomo-japan.com







 親王将軍といっても名ばかりの将軍で、実権は北条得宗家に握られていた。


宗尊親王

 五代執権北条時頼は、1251年(建長3年)、将軍藤原頼嗣を廃し、宗尊親王を迎えることに決定した。

 宗尊親王は、後嵯峨天皇の皇子。これより先は親王が将軍となることから親王将軍と呼ばれる。

 1252年(建長4年)、鎌倉に到着し、六代将軍に任命された。

 室町時代に関東管領上杉氏の祖となる上杉重房が、親王の下向に従ってきている(上杉重房と関東管領上杉氏(okadoのブログ))。

 藤原仲能に命じて、現在の海蔵寺の前身となる寺を建立。

 1266年(文永3年)、正室近衛宰子と僧良基の密通事件によって謀叛の疑いをかけられ、鎌倉を追放となった。


〜宗尊親王の鎌倉入りの経路〜
(『吾妻鏡』)

固瀬宿→稲村ヶ崎浜の鳥居の西

下の下馬橋→小町口


了行法師の謀叛と追放された将軍藤原頼嗣(okadoのブログ)



惟康親王

 宗尊親王の子。

 父の鎌倉追放をうけて将軍となったが、朝廷より親王宣下がでず、源惟康と名乗っていた。

 1289年(正応2年)、将軍を廃され鎌倉から追放。

 この年、鎌倉を訪れた後深草院二条は、その著書『とはずがたり』に惟康親王の惨めな帰洛を見学したという。

 追放後、親王宣下を受けて惟康親王と称した。



久明親王

 八代将軍には、後深草上皇の皇子久明親王が迎えられる。1308年(延慶元年)、将軍を解任となり鎌倉を追放された。



守邦親王

 九代将軍には、惟康親王の孫である守邦親王が迎えられた(久明親王と惟康親王の娘との間の子)。

 鎌倉殿中問答で諸宗派をことごこく論破した日蓮宗の日印に題目宗の布教を認めた(参考:日蓮上人辻説法跡)。

 1333年(元弘3年)、新田義貞によって鎌倉幕府が滅ぼされると、将軍を退き出家。鎌倉幕府最後の将軍となった。

 鎌倉で亡くなったという。



リンクボタン源頼朝の姉坊門姫

 六代将軍の宗尊親王は、坊門姫の玄孫あたる宰子が正室。

 七代将軍の惟康親王と八代将軍の久明親王は坊門姫の来孫。

 鎌倉幕府最後の将軍となった守邦親王は坊門姫の昆孫。







鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時