鎌倉手帳(寺社散策)

ぼんぼりぼんぼり祭 観音四万六千日
黒地蔵縁日黒地蔵縁日 江の島灯籠江の島灯籠
渋沢栄一2021年大河「晴天を衝け」
北条義時2022年大河「鎌倉殿の13人」



鎌倉「親王将軍」

編集:yoritomo-japan.com







宗尊親王

 後嵯峨天皇の第二皇子。

 1252年(建長4)、11歳の時に五代執権北条時頼の要請で鎌倉へ下向し、六代将軍となる。

 皇族としては最初の征夷大将軍。

 1266年(文永3年)、正室の近衛宰子と僧・良基の密通事件をきっかけに謀反を疑われ、将軍を解任されて京都へ送還された。


宗尊親王歌碑
宗尊親王の歌碑
(藤沢:本蓮寺)

 将軍職を廃された宗尊親王は、京へ送還される途中の本蓮寺で「帰り来て又見ん事も固瀬川濁れる水のすまぬ世ならば」と詠んだという。 


リンクボタン宗尊親王の正室は源頼朝の姉坊門姫の玄孫



惟康親王

 六代将軍宗尊親王の嫡男。

 3歳で征夷大将軍に就任。

 1289年(正応2年)9月14日、将軍職を解任され京に戻された。


リンクボタン惟康親王は源頼朝の姉坊門姫の来孫



久明親王

 後深草天皇の第六皇子。

 1308年(延慶元年)、将軍職を解任され京に送還された。


リンクボタン久明親王は源頼朝の姉坊門姫の来孫




守邦親王

 八代将軍久明親王の子。

 1333年(元弘3年)5月22日、新田義貞の鎌倉攻めで鎌倉幕府は滅亡。

 守邦は鎌倉幕府最後の将軍となった。 


リンクボタン守邦親王は源頼朝の姉坊門姫の昆孫







歴史めぐり源頼朝



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時