鎌倉手帳(寺社散策)

莫 煩 悩
〜禅に求めた不動心〜


編集:yoritomo-japan.com







 元軍による二度目の侵攻を避けられない情勢となった1281年(弘安4年)。

 この年の正月、苦悩の北条時宗が師の無学祖元を訪ねると、祖元は紙片に「莫煩悩」(まくぼんのう)という三文字を書いて時宗に渡した。

 「迷うことなく信ずるところを行え」

 という意味であったという。

 「蒙古の襲来は、大風が掃蕩してくれるので心配ない」

  との説明も加えられたとも伝えられている。

 そして10月、元軍が襲来(弘安の役)。

 「莫煩悩」の文字を師より受けた時宗は、祖元に「喝」(かつ)という言葉を告げて、自分の決意を示したと伝えられている。


リンクボタン蒙古襲来(元寇)

リンクボタン元使塚常立寺

リンクボタン北条時宗年表


建長寺
リンクボタン建長寺
鎌倉・円覚寺
リンクボタン円覚寺

 北条時宗の心の支えとなった無学祖元は、中国・宋の禅僧。

 時宗の要請で来日し、建長寺五世となり、円覚寺の開山となった。


リンクボタン木造仏光国師坐像







北条得宗家の所領だった北鎌倉
山内荘と北条氏

北条氏ゆかりの寺社・史跡
北条氏をめぐる鎌倉



鎌倉:北条氏MAP
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。







鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)