鎌倉手帳(寺社散策)

源頼朝に腕を斬られた地蔵尊
手 無 地 蔵

編集:yoritomo-japan.com







手無地蔵


 伝説によると・・・

 かつて、ここには神社があったが焼けてしまい、その跡地には地蔵尊を祀る御堂が建てられたのだという。

 源氏再興を祈願するため三嶋大社に参詣していた源頼朝

 頼朝が地蔵尊の前を通る度に、美しい女が頼朝の後をつけてきた。

 怪しいと思っていた頼朝は、しばらく知らないそぶりをしていたが・・・

 ある時、その女が声をかけてきたので、頼朝は女の片腕を切り落としたが・・・。

 その女は地蔵尊だった。

 その時から、地蔵尊は「手無地蔵」と呼ばれるようになったのだという。


三嶋大社
リンクボタン三嶋大社







歴史めぐり源頼朝



手無地蔵
手無地蔵



伊豆箱根鉄道で源頼朝めぐり
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






伊豆韮山
リンクボタン源頼朝の配流地
(伊豆韮山)

伊豆・箱根
リンクボタン伊豆・箱根の旅
(源頼朝・北条氏ゆかりの地)


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)