鎌倉手帳(寺社散策)

源氏ボタルよりともくん『鎌倉殿の13人』2022年大河ドラマ  戌神将二代執権 北条義時

歴史めぐり源頼朝
〜山木館襲撃その2〜







 山木館襲撃の前日(8月16日)は雨でした。

 源頼朝が頼みとしていた佐々木四兄弟は、この日到着するはずでしたが、洪水のため遅れ、到着したのは合戦当日(8月17日)の午後になってからでした。

 そのため、朝方に山木館を襲撃する予定が変更されています。

 8月17日の晩、頼朝は加藤景廉佐々木盛綱を傍らにのこし、山木館を攻めさせます。
 
 北条館を出陣した頼朝軍は、まずは原木の北方の肥田原へ進軍。

 ここで北条時政佐々木定綱に、山木兼隆の後見役・堤信遠を攻めるよう頼んでいます。

 それを承知した定綱は、弟の経高高綱とともに牛鍬を東へ進軍。

 堤信遠館を襲撃して信遠を討ち取りました。

 このとき、経高の放った鏑矢が、平家を征伐するための最初の矢となりました。

 一方、時政は天満坂を進軍して、山木兼隆館を攻めます。

 そこに堤信遠を討った佐々木定綱経高高綱が駆けつけます。

 頼朝は「戦が始まったら火をつけるように」と命じていましたが、 その火がなかなか見えないので、留守の加藤景廉佐々木盛綱堀親家らを山木館へ向かわせました。

 景廉には、長刀を与え「兼隆の首を討って持参すべし」と命じています。

 そして・・・

 盛綱景廉が山木館に入り、見事に山木兼隆を討ち取りました。


頼朝旗挙げの図
頼朝旗揚げの図

 加藤景廉に長刀を授ける源頼朝(三嶋大社蔵)。


山木兼隆の墓
リンクボタン山木兼隆の供養塔
(伊豆の国市・香山寺)


山木館襲撃MAP


源頼朝挙兵の日(okadoのブログ)



〜伊豆山の尼法音に読経の代行〜

 源頼朝は、伊豆に流されてから、読経をおこたらず、尾張国野間で家臣の長田忠致に暗殺された父・源義朝や鎌田政長らを弔いながら日々を送っていました。

 しかし、これから読経がおろそかになってしまうことを心配していると、北条政子は、伊豆山権現の尼・法音に読経の代行してもらうことを勧めます。

 法音は、政子の経の師でした。

 頼朝が目録を法音に提出すると、法音は快諾したのだそうです。


伊豆山神社
リンクボタン伊豆山神社







〜佐々木四兄弟〜

 佐々木四兄弟定綱経高盛綱高綱)は、近江源氏佐々木秀義の子。

 1159年(平治元年)の平治の乱源義朝に味方して敗れた秀義は、藤原秀衡を頼るため奥州平泉へ向かう途中の渋谷庄で渋谷重国に引き止められ、子らとともに重国の保護を受けていました。

 早川城は重国の居城。


早川城址
リンクボタン早川城址
(綾瀬市)

リンクボタン渋谷重国と佐々木四兄弟







守山八幡宮
リンクボタン守山八幡宮
(伊豆の国市)

 1180年(治承4年)8月15日、頼朝守山八幡宮に源氏再興を祈願したと伝えられています。

 守山八幡宮は、北条館があった守山中腹に鎮座する神社。



戻る
山木館襲撃その1
次のページ
相模国へ進軍



源頼朝







編集:yoritomo-japan.com


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)