中世歴史めぐり

長田父子磔の松
〜源義朝最期の地〜

編集:yoritomo-japan.com







長田父子磔の松


 平治の乱平清盛に敗れ、尾張国野間の長田忠致・景致父子のところに身を寄せた源義朝は、忠致の裏切りに遭い入浴中に殺害された。

 1180年(治承4年)、源頼朝が鎌倉に入り、平家の全盛が終わると、忠致父子は頼朝の下で働き、多くの手柄をたてたという。

 しかし、のちに頼朝は忠致父子を捕え、松の木に磔(はりつけ)にして殺したと伝えられている。

 頼朝は、父義朝を殺害した忠致に対し「勲功があったなら美濃と尾張を与える」と言っていたという。

 しかし、1190年(建久元年)、上洛の途上で尾張国野間に立ち寄った頼朝は、手柄をたてた忠致・景致父子に恩賞を与えるといって誘き出し、捕えて殺害したと伝えられている。

 ただ、忠致・景致父子の死については諸説あって不明な点が多い。



〜源義朝と美浜町野間〜

源義朝終焉の地
リンクボタン源義朝最期の地:野間






歴史めぐり源頼朝



長田屋敷跡
長田屋敷跡

 長田忠致は、尾張国野間を本拠とし、源氏に従っていた。忠致の娘は、義朝の郎党鎌田政家の妻。

愛知県知多郡美浜町野間(野間大坊近く)

名鉄知多新線 野間駅から徒歩10分



大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






中世歴史めぐり