鎌倉手帳(寺社散策)

ぼんぼりぼんぼり祭 観音四万六千日
黒地蔵縁日黒地蔵縁日 江の島灯籠江の島灯籠
渋沢栄一2021年大河「晴天を衝け」
北条義時2022年大河「鎌倉殿の13人」



常盤御前に源義朝の死を知らせた金王丸

編集:yoritomo-japan.com







 『平治物語』によると・・・

 1160年(平治2年)1月5日朝、源義朝に仕えていた金王丸が、常盤御前の許にやって来た。

 馬から飛んで下り、しばらくは涙に暮れていた金王丸。

 そして、

 「この三日の夜明け前に、尾張国野間で、長田忠致によって、義朝様が討たれました」

 と伝えた。

 聞き終わらないうちに、涙ぐむ常盤御前と幼い三人の子どもたち。

 金王丸は、朝長(義朝の次男)と源義隆(義家の七男)が討たれたことも伝えた。

 金王丸の話を聞いた常盤御前は、三人の子の行く末を案じて伏してしまったが、金王丸は泣きながら、

 「義朝様は、道中、子どもたちのことだけを心配しておられたので、誰かが知らせなくてはと思い、取るに足りない命をながらえてやって来ました。

 義平様(義朝の長男)も頼朝様(義朝の三男)も、捕らわれてしまったでしょう。

 幼い子たちはさらに望みがありません。

 ならば、長年お供した私が僧となって、義朝様の菩提を弔うつもりです」

 と言って、立ち去ったのだという。


 その後、常盤御前と三人の子は、大和国に逃れた後、平清盛のいる六波羅へ出頭。

 助命され、長男の今若は醍醐寺で、次男の乙若は園城寺で出家。

 三男の今若は、常盤御前が再婚した一条長成に育てられ、11歳の時に鞍馬寺に預けられた。

 義朝の長男義平は、六条河原で斬首。

 三男の頼朝は、伊豆国蛭ヶ小島に流された。

 そして、金王丸は、出家して土佐坊昌俊と名乗ったのだという。






源義朝の墓
リンクボタン源義朝墓
(愛知県:野間大坊)


清水寺子安塔
リンクボタン子安塔
(清水寺)
宝樹寺
リンクボタン宝樹寺

 伝説によれば、大和国へと逃れる前、常盤御前は、清水寺の千手観音(子安塔)に三人の子の無事を祈願したのだと伝えられている。

 宝樹寺の薬師如来像は、京に戻った常盤御前と三人の子を救ったのだと伝えられている。



醍醐寺
リンクボタン醍醐寺
園城寺
リンクボタン園城寺

 醍醐寺で出家した今若は、のちの阿野全成

 園城寺で出家した乙若は、のちの源義円


鞍馬寺
リンクボタン鞍馬寺

 鞍馬寺に預けられた牛若は、のちの源義経



金王八幡宮
リンクボタン金王八幡宮
(東京渋谷区)

 金王丸は、渋谷重家の子と伝えられ、氏神の金王八幡宮には、金王丸の御影堂が建てられている。


土佐坊昌俊邸跡
リンクボタン土佐坊昌俊邸跡
(鎌倉市)

 出家して土佐坊昌俊と名乗った金王丸は、のちに源義経を襲撃する土佐坊昌俊と同一人物とも・・・


土佐坊昌俊の源義経襲撃







奈良・京都

源義経

源義経をめぐる京都

源義経に臣従した武蔵坊弁慶

歴史めぐり源頼朝



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時