奈良・京都

京都:寶樹寺
常盤御前ゆかりの薬師さま

編集:yoritomo-japan.com







宝樹寺


 寶樹寺は、源義経の母・常盤御前ゆかりの薬師如来像を安置する寺院。

 伝説によると・・・

 1159年(平治元年)12月、平治の乱で源義朝平清盛に敗れると、側室だった常盤は三人の子を連れて大和に逃れた。

 しかし、常盤の母が捕えられてしまう。

 母を助けるか、三人の子を落ち延びさせるのか・・・

 そして、清盛の下へ自首することを決めた常盤は、翌年2月、雪の降る中を京へと戻ってきたのだという。

 一ノ橋にさしかかったところで、雪を避けるため松の木の下で休息をとった常盤と三人の子たち。・・・

 再び歩き出そうとすると、守り本尊としていた薬師如来がつぎのように告げたのだという。

 「私をこの地に置いて行きなさい。」

 その後、常盤と三人の子たちは救われたのだという。





源義経をめぐる京都


 寶樹寺には、葛飾北斎作と伝わる肉筆画「常盤御前雪除松」が伝えられている。

 大正期には常盤御前の「雪除け松」といわれる松の根が発見されたのだという。

宝樹寺

京都市東山区本町11丁目201

JR奈良線、京阪電鉄「東福寺駅」下車
徒歩4分







奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり