奈良・京都

京都:鞍馬寺

編集:yoritomo-japan.com







鞍馬寺


 鞍馬寺は、770年(宝亀元年)、奈良唐招提寺を開いた鑑真の高弟鑑禎(がんてい)が毘沙門天を祀ったことに始まるといわれる。

 796年(延暦15年)、桓武天皇が藤原伊勢人(ふじわらのいせんど)に命じて伽藍を造営させた。

 鞍馬弘教総本山。山号は鞍馬山。

 本尊は、毘沙門天王、千手観世音菩薩、護法魔王尊(尊天:三身一体の本尊)。

 北方守護の毘沙門天を祀ったことから、平安京の北方鎮護の寺として興隆したが、度重なる火災により往時の建物は焼失した。

 幼少期の源義経が預けられた寺として知られ、多くの義経伝説が残されている。


リンクボタン平安京の鬼門と守護・鎮護の神仏





鞍馬天狗
鞍馬天狗

 鞍馬天狗は、鞍馬山の僧正ガ谷に住むと伝えられる大天狗。

 別名は鞍馬山僧正坊。

 幼少期を鞍馬寺で過ごした牛若丸(源義経)に剣術を教えたと伝えられている。



鞍馬寺仁王門
リンクボタン仁王門
鬼一法眼社
リンクボタン鬼一法眼社
魔王乃滝

由岐神社
リンクボタン由岐神社
九十九折参道
リンクボタン九十九折参道
(鞍馬寺の表参道)

 由岐神社を過ぎると、川上地蔵堂義経公供養塔→いのち→双福苑→中門→寝殿→転法輪堂、そして本殿金堂。
 
 途中をケーブルカー「多宝塔駅」へ向かえば毘沙門天を安置する多宝塔。


鞍馬寺・本殿金堂
リンクボタン本殿金堂

 本殿金堂は鞍馬寺の根本道場。

 周囲には、閼伽井護法善神社、光明心殿、金剛寿命院(本坊)が建ち並んでいる。

 本殿金堂前の六芒星は人気のパワースポット。


鞍馬寺・奥の院参道
リンクボタン奥の院参道

 本殿金堂からは奥の院への参道。

 霊宝殿息つぎの水背比べ石などを経て奥の院へと続いている。

 奥の院からは貴船神社へ下ることができる。


鞍馬寺・霊宝殿
リンクボタン霊宝殿
義経公息つぎの水
リンクボタン義経公息つぎの水

義経公背比べ石
リンクボタン義経公背比べ石
鞍馬寺・大杉権現社
リンクボタン大杉権現社

僧正ガ谷不動堂
リンクボタン僧正ガ谷不動堂
鞍馬・義経堂
リンクボタン義経堂


鞍馬・奥の院
リンクボタン奥の院魔王殿







源義経をめぐる京都

歴史めぐり源頼朝



鞍馬寺
鞍馬寺

京都市左京区鞍馬本町1074

叡山電車「鞍馬駅」下車徒歩5分



奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり