奈良・京都

鞍馬寺奥の院魔王殿

編集:yoritomo-japan.com







鞍馬・奥の院


 奥の院魔王殿は、神々が降臨された場所として崇拝され、護法魔王尊が祀られている。

 11歳のときに鞍馬寺に預けられ、遮那王と名を改められた牛若丸(源義経)は、兵法修行のため、住まいの東光坊から奥の院まで通っていたのだという。

 奥の院魔王殿は、磐座(いわくら)・磐境(いわさか)とも呼ばれ、日本庭園の源流といわれる。





 奥の院から下ると義経も祈願のために参拝したという貴船神社

貴船神社参道
リンクボタン貴船神社







源義経をめぐる京都

歴史めぐり源頼朝



鞍馬寺
リンクボタン鞍馬寺

 鞍馬寺は、鑑真の高弟鑑禎(がんてい)が毘沙門天を祀ったことに始まる。
 幼少期に鞍馬寺に預けられ、奥州平泉衣川館で最期を遂げた源義経の魂は、鞍馬寺に帰ったとされ、遮那王尊として祀られている。


京都市左京区鞍馬本町1074

叡山電車「鞍馬駅」下車徒歩5分







奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり