奈良・京都

義経公供養塔
〜京都:鞍馬寺〜

編集:yoritomo-japan.com







源義経供養塔


 源義経の供養塔は、1940年(昭和15年)、遮那王と名乗った幼少の牛若丸(源義経)が住んでいた東光坊の跡に建てられた。

 遮那王は毎夜兵法の修行のため、東光坊から奥の院まで通っていたのだと伝えられている。





川上地蔵堂
リンクボタン川上地蔵堂

 義経公供養塔の手前にある川上地蔵堂は、遮那王の守り本尊の地蔵尊が祀られている。







歴史めぐり源頼朝



鞍馬寺
リンクボタン鞍馬寺

 鞍馬寺は、鑑真の高弟鑑禎(がんてい)が毘沙門天を祀ったことに始まる。
 幼少期に鞍馬寺に預けられ、奥州平泉衣川館で最期を遂げた源義経の魂は、鞍馬寺に帰ったとされ、遮那王尊として祀られている。


京都市左京区鞍馬本町1074

叡山電車「鞍馬駅」下車徒歩5分






奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり