奈良・京都

鬼一法眼社・魔王乃滝
〜京都:鞍馬寺〜

編集:yoritomo-japan.com







鬼一法眼社


 鬼一法眼社(きいちほうげんしゃ)は、牛若丸(源義経)に兵法を授けたといわれる武芸の達人・鬼一法眼を祀る。

 鬼一法眼は、一条堀川に住んだ陰陽師。

 一説には、牛若丸は、陰陽師・鬼一法眼の娘と通じて伝家の兵書『六韜』『三略』を盗み出して学んだのだという。

 鬼一法眼社の横に流れ落ちているのは魔王乃滝。


魔王乃滝

魔王乃神





源義経をめぐる京都

歴史めぐり源頼朝



鞍馬寺
リンクボタン鞍馬寺

 鞍馬寺は、鑑真の高弟鑑禎(がんてい)が毘沙門天を祀ったことに始まる。
 幼少期に鞍馬寺に預けられ、奥州平泉衣川館で最期を遂げた源義経の魂は、鞍馬寺に帰ったとされ、遮那王尊として祀られている。


京都市左京区鞍馬本町1074

叡山電車「鞍馬駅」下車徒歩5分







奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり