中世歴史めぐり

御湯殿跡
〜源義朝の最期〜

編集:yoritomo-japan.com







湯殿跡


 1159年(平治元年)、平治の乱平清盛に敗れた源義朝は、京を脱出し尾張国の長田忠致・景致父子のところに身を寄せたが、長田父子の裏切りに遭ってしまう。

 『平治物語」によれば、1160年(平治2年)正月3日、義朝は忠致に湯浴みをすすめられ、垢すりをしていた金王丸が湯殿から出て行った隙に、三人の者に押さえつけられ殺害された。

 郎党の鎌田政家(政長・政清)は、忠致と酒を酌み交わしていたが、酌をしていた者に襲われ殺害された。

 二人の首は京へ送られ、正月9日、獄門にかけられている。


源義朝像
源義朝像
(湯殿横)



〜金王丸〜

 金王丸は、相模国渋谷荘を領していた渋谷重国の子とも弟ともいわれる人物。

 平治の乱後、東国へ落ちる義朝に従いっていた。

 義朝が殺害されると京へ上り、常盤御前義朝の死を知らせて出家し、土佐坊昌俊と名乗ったという(参考:金王八幡宮







〜源義朝と美浜町野間〜

源義朝終焉の地
リンクボタン源義朝最期の地:野間



歴史めぐり源頼朝



法山寺
法山寺

愛知県知多郡美浜町野間田上50

名鉄知多新線 野間駅から徒歩10分



大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






中世歴史めぐり