中世歴史めぐり

源義朝の首を洗った
血の池:野間大坊


編集:yoritomo-japan.com







血の池


 1159年(平治元年)、平治の乱平清盛に敗れた源義朝は、京を脱出し尾張国野間の長田忠致・景致父子のところに身を寄せたが、1160年(平治2年)正月3日、長田父子の裏切りに遭い最期を遂げた。

 野間大坊の血の池は、義朝の首を洗った池と伝えられ、国に変事があると池の水が紅く染まるという。


〜鎌倉に葬られた義朝の首〜

 義朝の首は、一緒に殺害された鎌田政家の首とともに京へ送られ、正月9日に獄門にかけられた。

 のちに義朝の子頼朝は後白河法皇に依頼して2人の髑髏を鎌倉に送ってもらい、勝長寿院に葬っている。


勝長寿院跡
リンクボタン勝長寿院跡







〜源義朝と美浜町野間〜

源義朝終焉の地
リンクボタン源義朝最期の地:野間



歴史めぐり源頼朝



野間大坊
リンクボタン野間大坊

愛知県知多郡美浜町大字野間字東畠ケ50

名鉄知多新線 野間駅から徒歩10分



大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






中世歴史めぐり