鎌倉手帳(寺社散策)

紫式部 鎌倉の桜


北条義時の遷宮の儀
富士山本宮浅間大社

編集:yoritomo-japan.com








富士山本宮浅間大社


 『吾妻鏡』によると・・・

 1223年(貞応2年)6月20日、北条義時は「富士浅間の宮」の「遷宮の儀」を執り行ったのだという。


 『北条九代記』は・・・

 孝霊天皇が即位して5年目に近江の琵琶湖が水をたたえ、その日に富士山がわき出した。

 863年(貞観5年)秋8月、富士山頂に天空から白衣の神女が舞い降り、それからこの宮での神事が始まった。

 祭神は、伊豆の三嶋明神の「大山祗神」(おおやまつみのかみ)の娘である「木花開耶姫」(このはなさくやひめ)。

 この祭神の御加護は遠く国内に至らぬ所なく、その御威光は日本全国に及び、朝方参拝すれば夕方には願がかなってそのお礼参りをするほどだった。


 ということで・・・

 義時は深々とおじぎをして、国家の安全を祈願して、遷宮の儀を執り行ったのだと伝えている。



リンクボタンコノハナノサクヤヒメの神話





東宮本殿
リンクボタン北口本宮冨士浅間神社
東宮本殿


 1223年(貞応2年)、富士山本宮浅間大社の遷宮の儀を執り行った北条義時は、同年、北口本宮冨士浅間神社の東宮本殿を創建している。

 現在の建物は1561年(永禄4年)に武田信玄が再建したもので国の重要文化財。








歴史めぐり源頼朝




富士山本宮浅間大社
リンクボタン富士山本宮浅間大社

本宮:静岡県富士宮市宮町1−1
奥宮:富士山頂上

JR身延線 富士宮駅から徒歩約10分





富士山
リンクボタン世界文化遺産「富士山」


中世歴史めぐり



60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭
源頼朝も祀る!
日光東照宮


紫式部 鎌倉の桜


鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編


徳川家康 紫式部