鎌倉手帳(寺社散策)

アジサイ紫陽花シーズン到来ですが・・・

三 会 寺
佐々木高綱建立の寺

編集:yoritomo-japan.com







三会寺


 三会寺(さんねじ)は、高野山真言宗の寺院。

 創建年は不明だが、一説によると、源頼朝が佐々木高綱に命じて建立させたのだという。

 山号は瑞雲山。

 本尊は弥勒菩薩。

 三会寺の名は、釈迦の入滅から56億7000万年後に弥勒菩薩が現れて、竜華樹の下で悟りを開き、人々を救済するために三度にわたって説法するという龍華三会に由来しているのだとか。


三会寺





三会寺仁王門
仁王門

三会寺仁王像 三会寺仁王像



三会寺観音堂
観音堂

三会寺十一面観音
十一面観音



〜佐々木高綱〜

 三会寺を建立したという佐々木高綱は、近江源氏・佐々木秀義の四男。

 1180年(治承4年)の源頼朝挙兵に参じて活躍し、1184年(寿永3年)の木曽義仲の追討では、源義経に従った宇治川の戦いで、梶原景季と先陣を争ったことで知られる武将。


鳥山八幡宮
リンクボタン鳥山八幡宮

 三会寺の近くにある鳥山八幡宮は、佐々木高綱館があった所と伝えられている。







歴史めぐり源頼朝



三会寺
三会寺

横浜市港北区鳥山町730

JR横浜線「小机駅」から徒歩10分程度



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時