鎌倉手帳(寺社散策)

佐々木経高の最期
〜承久の乱〜

編集:yoritomo-japan.com







 佐々木経高は、源頼朝に仕えた佐々木四兄弟の一人。

 近江源氏・佐々木秀義の次男。

 頼朝の挙兵時には、平家征伐の最初の矢を放った武将(山木館襲撃)。

 承久の乱では朝廷軍に加わり、乱後、自刃した。



 『吾妻鏡』によると・・・

 承久の乱では、院中にあって合戦の計を廻らしていた経高

 朝廷軍が敗北すると鷲尾(東山区)に移っていた。

 1221年(承久3年)6月16日、北条泰時は「鎌倉に相談して許されるようにするので、安易に死なぬように」と使いを出すが、これを「自害せよ」と受け取った経高は、「恥ずかしい限りである」として刀を抜いて身体を切り裂いたのだという。

 まだ息がある中、輿に乗せられ六波羅へ連れて行かれるが、泰時が「なんで自害など・・・」と問いかけると、経高はやっと目を開いて微笑んで息を引きとったのだとか・・・。


瀬田の唐橋




承久の乱

 承久の乱は、後鳥羽上皇が起こした鎌倉幕府打倒の兵乱。

 後鳥羽上皇方の敗北により、後鳥羽上皇・順徳上皇・土御門上皇が流され、後鳥羽上皇に加担した公家・武士などの所領は没収。

 朝廷の動きや西国御家人を監視するため六波羅探題が設置された。

宇治川の戦い〜承久の乱〜







鎌倉:合戦・謀反・暗殺の歴史



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時