鎌倉手帳(寺社散策)

宇治川の戦い
〜承久の乱〜

編集:yoritomo-japan.com







宇治川


 宇治川は京都防衛上の要衝。

 1180年(治承4年)には、以仁王源頼政が平家軍と戦い、1184年(元暦元年)には、源義経が宇治川を突破して木曽義仲を敗走させた。

 1221年(承久3年)の承久の乱では、北条泰時が宇治川を渡り、朝廷軍を破っている。





 1221年(承久3年)5月、後鳥羽上皇の挙兵に対して大軍を上洛させた幕府軍。

 『吾妻鏡』によると・・・

 6月13日雨。

 北条泰時は宇治の栗小山に布陣。

 足利義氏と三浦泰村は、泰時に知らせずに宇治橋で朝廷軍と合戦に及ぶが、朝廷軍の発した矢石が雨のように幕府軍の兵たちに降り注ぎ、多くの者が負傷したため平等院に籠った。

 夜が明けるのを待って合戦に及ぼうと考えていた足利義氏と三浦泰村だったが、勇敢な兵どもが先陣を争って矢合戦を始めてしまい、多くの死傷者を出してしまう。

 足利義氏が北条泰時に使者を送り状況を伝えると、驚いた泰時は豪雨の中、宇治橋へ向かい、橋上での戦いを止めるように命じ、それぞれが退去したのだという。

足利義氏は、源頼朝の重臣足利義兼の子。


宇治橋
リンクボタン宇治橋


 翌14日早朝、前夜平等院で休息をとった北条泰時は、宇治川を渡って戦うこと決定。

 宇治川は、前日の雨で水量が増え、水は濁って白波を立てている状況だったが、浅瀬を探させて、芝田兼義・春日貞幸、佐々木信綱・中山重継・安東忠家らが渡河を開始。

 これを見た朝廷軍は矢を放ち、芝田兼義と春日貞幸の馬が矢に当たって流され、春日貞幸は水底に沈むが、心で諏訪明神に祈りながら、腰刀で鎧の帯や小具足を切ってなんとか浅瀬にたどり着いたのだとか。

 ただ、貞幸の子や郎党17人が水に流された。

 その後、軍兵の多くが川へ入るが、流れが急なため、戦う前に流され、関政綱・幸島行時・伊佐為宗・三善康知・長江明義・安保実光をはじめとする96名と、それらに従っていた兵800騎が溺死。

 佐々木信綱は、中州から長男の重綱を北条泰時の陣へと遣わして援軍を求め、泰時の命を受けた子の時氏が六騎を引き連れて渡河を開始。

 三浦泰村をはじめとする数騎も渡り始めた。

 北条泰時も渡ろうとするが、春日貞幸に「甲冑を身に着けている者は、ほとんど沈んでしまっています。早く鎧を外すように」と言われ、田の畔に下りて鎧を外している間に、乗馬を隠されてしまい、その場に留まったのだとか・・・。

 その後、佐々木信綱と北条時氏がほぼ同時に向こう岸に到達。

 流されていた芝田兼義も無事に向こう岸に到達。

 岸に上がった北条時氏が旗を挙げ、幕府軍と朝廷軍の合戦が開始されたが、幕府軍は、98人もの負傷者を出した。

 北条泰時と足利義氏らが筏で渡河すると、武蔵と相模の軍が朝廷軍を攻め、朝廷軍は大将軍の源有雅・源範茂・安達親長などが敗走。

 大将軍:藤原朝俊は、八田知尚・佐々木惟綱・小野成時らとともに戦うが悉く討死。

 その他の朝廷軍は戦わずに逃亡したが、北条時氏が後を追って征伐したのだという。

佐々木信綱は、源頼朝に仕えた佐々木定綱の子。

佐々木惟綱は、佐々木定綱の孫。



 同日、淀の敵を破った毛利季光三浦義村は、深草河原にいた北条泰時と合流。

 北条時房は、瀬田橋で朝廷軍と戦って源(大江)親広・足利(藤原)秀康・小野盛綱・三浦胤義を敗走させた。

 大江親広は関寺のあたりで行方不明に、佐々木高重は誅殺されたのだという。

大江親広は、鎌倉幕府政所別当の大江広元の子。

佐々木高重は、源頼朝に仕えた佐々木経高の子。

三浦胤義は、三浦義村の弟。


 リンクボタン三浦義村の弟・胤義

 リンクボタン佐々木経高の最期


瀬田の唐橋
リンクボタン瀬田の唐橋

 「瀬田橋を制するものは全国を制す」と言われ、宇治橋とともに京都防衛上の重要な橋だった。

 1184年(寿永3年)の木曽義仲追討では、源範頼が瀬田から攻めて、義仲を粟津で滅ぼしている。



承久の乱

 承久の乱は、後鳥羽上皇が起こした鎌倉幕府打倒の兵乱。

 後鳥羽上皇方の敗北により、後鳥羽上皇・順徳上皇・土御門上皇が流され、後鳥羽上皇に加担した公家・武士などの所領は没収。

 朝廷の動きや西国御家人を監視するため六波羅探題が設置された。

 『吾妻鏡』よると、北条政子は、承久の乱に勝利できたのは「半分以上は泰時の手柄によるもの」と語っている。







鎌倉:合戦・謀反・暗殺の歴史



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時