鎌倉手帳(寺社散策)

源氏ボタルよりともくん『鎌倉殿の13人』2022年大河ドラマ  戌神将二代執権 北条義時

宇都宮頼綱と小倉百人一首

編集:yoritomo-japan.com







百人一首
「いらすとや」より


 宇都宮頼綱は、下野宇都宮氏の五代当主。

 1205年(元久2年)、姑の牧の方北条時政の後妻)が起こし牧氏の変で謀反を疑われてしまった頼綱は、政争に巻き込まれるのを避けて出家。

 実信房蓮生と名乗った。

 その後、法然の門下となって、京都嵯峨の二尊院近くに山荘を営んだ。

 歌人の藤原定家と親交をもち、子為家に娘を嫁がせている。


〜障子の色紙と小倉百人一首〜

 1235年(嘉禎元年)5月、頼綱は、定家に山荘の障子を装飾するための色紙の執筆を依頼。

 それに応じた定家は、天智天皇から順徳院までの100人の歌人の和歌を一首ずつ選び、年代順に色紙にしたためた。

 これが『小倉百人一首』の原型といわれ、後に鳥羽、順徳両天皇の作品が加えられて補訂を施された和歌集が『小倉百人一首』なのだとか。


〜二荒山神社の障子歌も〜


宇都宮二荒山神社
リンクボタン二荒山神社
(宇都宮市)

 二荒山神社にも、藤原定家から襖を飾る障子歌が贈られたのだという。


〜頼綱の墓碑がある寺〜

清巌寺
リンクボタン清巌寺
(宇都宮市)

 清巌寺は、頼綱の念仏堂を起源とする寺院。







歴史めぐり源頼朝




宇都宮氏をめぐる
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)