鎌倉手帳(寺社散策)

源氏ボタルよりともくん源頼朝の鎌倉入り!  彼岸花ヒガンバナ  三嶋大社のキンモクセイ三嶋大社の金木犀  新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機  鎌倉大仏かながわ県民割でお得旅行

畠山重保の墓
〜六郎さま:若宮大路〜

編集:yoritomo-japan.com







畠山重保の宝篋印塔
畠山重保の宝篋印塔


 鶴岡八幡宮大鳥居(一の鳥居)の傍らに建つ宝篋印塔は、畠山六郎重保の墓と伝えられ、明徳6年(1393年)の銘のある石塔。

 重保は畠山重忠の嫡男。

 重保の屋敷は、大鳥居の近くにあったと伝えられている。

 1204年(元久元年)、三代将軍源実朝の坊門家息女との縁談が整ったことから、姫を迎え入れるため15人の若武者が京都へ差し向けられた。

 畠山重保もその一人に加わっていた。

 その折、京都守護の平賀朝雅と重保が喧嘩となり、それを根に持った朝雅が、北条時政に「畠山父子が謀叛を企てている」と讒言したことにより、畠山父子は討たれることになる。

 1205年(元久2年)6月22日早朝、重保は、由比ヶ浜に謀叛人が集結しているとの報を耳にすると、従者3人とともに浜へと向かった。

 しかし、待ち構えていた三浦義村の手の者が重保を取り囲み、重保は訳のわからぬまま討ち取られてしまったのだという。

 同日、父重忠北条義時らの軍に攻められ武蔵国二俣川で討死している。


畠山重忠の乱

初代執権北条時政


畠山重忠像
畠山重忠公史跡公園
(重忠誕生地・深谷市)
菅谷館跡
リンクボタン菅谷館
(嵐山町)

畠山重忠終焉の地
リンクボタン畠山重忠終焉の地
(横浜市旭区)







六郎茶屋の碑
六郎茶屋の碑

 重保の宝篋印塔は「六郎さま」と呼ばれ、せきで苦しむ人たちが願をかけると咳の病気が治ると言い伝えられている。

 通称を六郎といった重保が喘息をもっていたことから、このような話となって伝わっているのだという。

 願をかける人は、竹の筒にお茶を注いで、これを供えて拝んだといわれ、墓の脇には「六郎茶屋」という茶屋もあった。


畠山重保邸跡碑
畠山重保邸跡碑


okadoのブログ
若宮大路の散策

大鳥居脇の六郎さま


リンクボタン若宮大路の歴史散策

リンクボタン段葛〜鶴岡八幡宮の参道〜





歴史めぐり源頼朝



鶴岡八幡宮大鳥居
リンクボタン鶴岡八幡宮大鳥居
(一の鳥居)

 畠山重保の墓の真前には、鶴岡八幡宮の大鳥居が建てられている。
 徳川家綱の寄進で御影石で造られた明神鳥居。



若宮大路散策MAP
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時