鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉の紅葉 鎌倉殿の13人
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編



畠山重保の墓
〜横浜市金沢区〜

編集:yoritomo-japan.com








畠山重保の墓


 畠山重保は、「鎌倉武士の鑑」と称された畠山重忠の嫡男。

 横浜市金沢区の六郎ヶ谷にある五輪塔は重保の墓と伝えられている。

 畠山父子は、1205年(元久2年)6月22日、北条時政の謀略により討死(畠山重忠の乱)。

 『吾妻鏡』によると、重保は、6月22日早朝、鎌倉の由比ヶ浜三浦義村の手の者に討ち取られたとされている。

 ただ、『新編武蔵風土記稿』は、武蔵国久良岐郡坂本村に重保の墓があり、重保はこの辺りの山中で自害したのだと伝えている。



東光禅寺
リンクボタン東光禅寺

 重保の五輪塔の近くには、父重忠の創建と伝えられる東光禅寺がある。

 『吾妻鏡』によると、重忠は武蔵国二俣川北条義時軍と戦って討死したと伝えられているが、『新編武蔵風土記稿』は東光禅寺の西方の山中で自害したと伝えている。


畠山重忠

畠山重忠の乱





〜鎌倉にある重保の宝篋印塔〜

畠山重保の宝篋印塔
リンクボタン畠山重保の宝篋印塔
(鎌倉)

 鶴岡八幡宮一の鳥居の傍らに建つ宝篋印塔は、畠山重保の墓と伝えられている。









歴史めぐり源頼朝





畠山重保の墓
畠山重保の墓

横浜市金沢区釜利谷南1−4−22

京急「金沢文庫駅」から徒歩25分



六浦史跡巡りMAP
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。





鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


紅葉


後鳥羽VS義時
承久の乱
60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編