鎌倉手帳(寺社散策)

ぼんぼりぼんぼり祭 観音四万六千日
黒地蔵縁日黒地蔵縁日 江の島灯籠江の島灯籠
渋沢栄一2021年大河「晴天を衝け」
北条義時2022年大河「鎌倉殿の13人」



愚管抄が伝える比企能員の変

編集:yoritomo-japan.com







 慈円は、源頼朝の征夷大将軍の宣下をした九条兼実の弟。

 1192年(建久3年)には比叡山延暦寺の貫主(座主)に就任している。


 その慈円の『愚管抄』は比企能員の変について次のように伝えている。

★能員の暗殺について

 重病になった源頼家は、長子一幡に家督を相続させようとしており、それによって比企能員が幕政の実権を握ろうとしていることを知った北条時政は、千幡(のちの実朝)こそ後継者だとして能員を呼び寄せ刺し殺した。


★一幡の館の襲撃について

 8月末に出家をし、大江広元邸で療養する頼家を監視させる一方で、一幡の館を襲撃し、立てこもっていた郎等はみな討たれた。


★一幡の死について

 一幡は母とともに脱出したが、11月3日、北条氏の追手に捕らえられ刺殺された。


★頼家について

 事件を知って驚いた頼家は、太刀を抜いて立ち上がったものの、病みあがりのため、どうすることもできず、母政子にすがりつかれたりして、やがて修禅寺に押し込められ、翌年刺し殺されてしまった。


リンクボタン源頼家の家督相続

リンクボタン兄源頼家の失脚で将軍となった源実朝

リンクボタン『吾妻鏡』が伝える比企能員暗殺


比企一族の墓
リンクボタン比企一族の墓
(妙本寺)
一幡の袖塚
リンクボタン一幡の袖塚
(妙本寺)

 妙本寺のある比企ヶ谷は、源頼朝が乳母の比企尼を迎え入れた場所。


源頼家の墓
リンクボタン源頼家の墓
(伊豆修禅寺)







初代執権北条時政


2022年のNHK大河ドラマは・・・
北条義時!

鎌倉殿の13人

二代執権北条義時

宿老13人の合議制



比企能員の変

鎌倉:合戦・謀反・暗殺の歴史



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時