鎌倉手帳(寺社散策)

ハス鎌倉のハス
渋沢栄一2021年大河「晴天を衝け」
北条義時2022年大河「鎌倉殿の13人」



一幡の袖塚
〜鎌倉:妙本寺〜

編集:yoritomo-japan.com







一幡の袖塚


 一幡は、二代将軍源頼家の嫡子。

 1203年(建仁3年)9月2日に起こった比企氏の乱で焼け死んだと伝えられている。

 順当であれば三代将軍になったであろう一幡は、6歳という年齢でこの世を去った。

 袖塚には、比企氏の乱後、焼け跡から出てきたという一幡の袖が祀られている。

 『吾妻鏡』によると、9月3日、大輔房源性が小御所の焼け跡から一幡の小袖を見つけ出し、高野山の奥の院に奉納するため出掛けている。

 一幡の乳母夫の話では、最後に着ていたのは、菊花の模様の染めた小袖だったのだという。

 一幡は、比企氏の乱によって焼け死んだとされる一方で、『愚管抄』には、母若狭局と辛うじて逃げ延びたが、北条義時の郎党に捕らえられ殺害されたと記されている(参考:蛇苦止堂)。


比企氏の乱

リンクボタン慈円の愚管抄が伝える比企能員の変

リンクボタン『吾妻鏡』が伝える比企能員暗殺






 二代将軍源頼家の子一幡の住居は、小御所と呼ばれていた。

 比企の乱で比企一族は、この小御所に籠もって北条軍と戦った(参考:小御所山の琴弾の松)。

 『吾妻鏡』には、1203年(建仁3年)正月2日の条に、一幡が鶴岡八幡宮に参拝した際、巫女が「一幡が家督を継ぐことはない」と神懸かり的に叫んだという記述がある。

 この時すでに9月2日に起こる比企の乱で一幡が死ぬことが暗示されていた・・・。

リンクボタン鶴岡八幡宮の巫女の予言から始まった!〜吾妻鏡の物語と比企能員の変〜


比企供養塔
リンクボタン比企一族墓
(鎌倉:妙本寺)
源頼家の墓
リンクボタン源頼家の墓
(伊豆:修禅寺)


リンクボタン頼朝の子・孫:断絶した血筋

リンクボタン失敗だった?頼朝の鎌倉殿継承構想

リンクボタン源頼家の嫡子一幡と嫡子のはずだった公暁

リンクボタン源氏の繁栄・衰退・再興・滅亡







歴史めぐり源頼朝



妙本寺
リンクボタン妙本寺

 妙本寺は、源頼朝の御家人比企能員の邸跡に能員の末子能本が建てた寺。
 この地で有力御家人比企氏が滅亡し、二代将軍源頼家の嫡子一幡が焼け死んだ(参考:比企氏の乱)。


鎌倉市大町1−15−1
0467(22)0777

鎌倉駅東口から徒歩8分



北鎌倉の寺社・史跡巡り
小町大路沿い(小町・大町)

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時