鎌倉手帳(寺社散策)

緊急事態!外出自粛!我慢!

蛇苦止堂(明神)
〜若狭局を祀る社:鎌倉:妙本寺〜

編集:yoritomo-japan.com







妙本寺蛇苦止明神


 1203年(建仁3年)、比企能員が北条時政邸で暗殺され、比企ヶ谷の比企一族は、北条義時らに攻められ滅ぼされた(比企の乱)。

 二代将軍源頼家の側室であった若狭局(能員の娘)は、家宝を抱えて井戸に飛び込み自害したと伝えられている。

 『吾妻鏡』によれば、1260年(文応元年)、北条政村(のちの七代執権)の娘は、比企判官能員の娘に祟られ、蛇のような狂態を見せるようになったが、鶴岡八幡宮の隆弁による加持祈祷によって快復した。

 のちに政村は、比企の邸跡に、若狭局を蛇苦止明神として祀る社を建立したという。

 それが蛇苦止堂といわれている。





〜『吾妻鏡』〜
1260年(文応元年)11月の条


 今日相州(政村)一日経を頓写せらる。これ息女邪気に悩む。

 比企判官能員の女子の霊託に依って、彼の苦患を資けんが為なり。

 夜に入り供養の儀有り。若宮の別当僧正を請じ唱導と為す。説法の最中、件の姫君悩乱し、舌を出し唇を舐り、身を動かし足を延ばす。

 偏に蛇身の出現せしむに似たり

 聴聞の為霊気来臨するが由と。僧正加持せしむの後、惘然として言を止む。眠るが如くして復本すと。


妙本寺蛇苦止明神


蛇苦止明神とは・・・〜妙本寺の鎮守〜(okadoのブログ)

比企一族の供養塔と一幡の袖塚(okadoのブログ)

物の怪に祟られた北条政村の娘〜妙本寺:蛇苦止堂〜(okadoのブログ)


妙本寺蛇苦止明神 妙本寺蛇苦止明神



蛇苦止ノ井
リンクボタン蛇苦止ノ井

若狭局が身を投げた井戸
讃岐局の墓
リンクボタン讃岐局の供養塔

若狭局と讃岐局。
蛇苦止堂は、誰を祀るお堂か?


比企氏の乱


蛇苦止明神とは・・・〜妙本寺の鎮守〜(okadoのブログ)






歴史めぐり源頼朝

北条氏をめぐる鎌倉
(北条氏ゆかりの寺社・史跡)



妙本寺
リンクボタン妙本寺

 妙本寺は、源頼朝の御家人比企能員邸の跡地に能員の末子能本が建てた寺。
 この地で有力御家人比企氏が滅亡し、二代将軍源頼家の嫡子一幡が焼け死んだ(参考:比企氏の乱)。


鎌倉市大町1−15−1
0467(22)0777

鎌倉駅東口から徒歩8分



北鎌倉の寺社・史跡巡り
小町大路沿い(小町・大町)

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時